地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年08月24日

里寺の下


伊万里湾に浮かぶイロハ島を眺める高台、眼下の隘路を抜ける西肥バスの福島循環線。



バス停でいうと、「里寺の下」のあたり。



インフラ整備は時間と費用の都合により随時行われていくので、
味のある区間だと思っていても、短期的に改善が行われて、
バス乗りの観点からは残念な変化が起こることもしばしば。

頭が悪いので、もっともらしいことを言いたがるのですが、
つまりはバスの通る道が広くなるのは残念だ、私の価値観では、ということです。
先回訪問時に道が狭かった場所を通るバスを撮っていればなおさら。



車で巡回する人たちは、めでたいばかりなのでしょうが。
価値観の違う人の考えを類推するのは、本当に難しいです。怒りのポイントとか。
だからこそ、人目を気にする前に、まず自分の判断基準は常に見せておかねばなりません。



こちらは里バス停に停車中のバスを、井手川バス停近くから。
道が狭くなくなったことを嘆くわりには、整備された風景も好きなのですから、処置なしです。






同じカテゴリー(西肥バス)の記事画像
佐世保実業高校
椎木町
椎木峠
第6回させぼ公共交通ふれあいフェスタ
浅谷
徳義再
同じカテゴリー(西肥バス)の記事
 佐世保実業高校 (2017-12-28 06:06)
 椎木町 (2017-12-27 21:41)
 椎木峠 (2017-12-19 06:06)
 自家用車で生月島に行ったのは初めてです (2017-10-18 22:19)
 第6回させぼ公共交通ふれあいフェスタ (2016-11-20 09:00)
 浅谷 (2016-11-07 17:17)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)西肥バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。