地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年08月29日

金隈2016


東光町の路線図。ひばりヶ丘団地と金隈があって、路線的に充実しているように見えますが、



雑餉隈営業所までの41はそこそこあるとして、38は朝1本だけですし、金隈も6本。



そんな本数のバスが、バス停に行って偶然5分後に来るとわかったら、
それはもう乗らないといけないですよね?そうですよね?
同意していただける方ばかりではないことは判った上で、同意を求めております。



しかも来たのは58MCというやつ。



金隈のポイントは、この購買店。



博多駅と福岡空港に直通路線があって、南福岡にも行ける終点なのですから、



もうすこし拠点性があってもよさそうなのですが、
ここで乗り換えないといけない場面は、おそらく皆無。



小学生くらいの時は、この付近がいちばん行きづらくて、逆にあこがれの地でもありました。



Y字路の分岐角にバス停と転回場。



待機する雑餉隈1029。だいぶくたびれています。



前回も、まあ似たようなことやってます。



次に来るときには、スマルー塗装の純正でしょうねぇ、やはり。



てなことを考えておりましたら、福岡空港行き43は、こんなん来ました。






同じカテゴリー(福岡茶)の記事画像
みどりが丘団地入口 名子
津屋本町 多の津五丁目
呑山観音沿道
福岡空港国際線ターミナル
呑山観音寺 秋の紅葉
東新町 米山町
同じカテゴリー(福岡茶)の記事
 みどりが丘団地入口 名子 (2017-06-21 06:06)
 津屋本町 多の津五丁目 (2017-06-10 06:06)
 呑山観音沿道 (2017-06-08 06:06)
 福岡空港国際線ターミナル (2017-06-04 06:06)
 呑山観音寺 秋の紅葉 (2017-05-13 06:06)
 東新町 米山町 (2017-05-12 06:06)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)福岡茶
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。