地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年09月08日

西鉄バス福岡都市圏路線図 平成元年3月現在








同じカテゴリー(路線図)の記事画像
大分交通バス路線図 昭和45年10月20日現在
昭和30年代西鉄路線図
西鉄バス福岡都市圏路線図 平成2年1月現在
西鉄バス福岡都市圏路線図 昭和62年4月現在
西鉄バス福岡都市圏路線図 昭和61年11月現在
西鉄バス福岡都市圏路線図 昭和59年6月30日現在
同じカテゴリー(路線図)の記事
 大分交通バス路線図 昭和45年10月20日現在 (2017-02-11 21:15)
 昭和30年代西鉄路線図 (2016-11-24 20:10)
 西鉄バス福岡都市圏路線図 平成2年1月現在 (2016-09-09 06:06)
 西鉄バス福岡都市圏路線図 昭和62年4月現在 (2016-09-07 06:06)
 西鉄バス福岡都市圏路線図 昭和61年11月現在 (2016-09-06 06:06)
 西鉄バス福岡都市圏路線図 昭和59年6月30日現在 (2016-09-05 06:06)

Posted by ちょんびん at 06:06│Comments(4)路線図
この記事へのコメント
それまでの路線図と比べて、カバーする範囲が南側に大きく広がった時の地図ですね。下大利から二日市・太宰府までカバーされました。路線図を折りたたむ時の折り目が多くなり、ずっしりと重く感じたことを憶えています。昭和から平成になった時でしたか…

アメリカ式に言えば、「Greater Fukuoka」を表示するようになったということでしょうか。もっとも、糸島地区は、「Greater Fukuoka」に含まれてはいても、西鉄バス圏外であるばかりに、どんなに発展してもこの路線図には載ってこないのでしょうね。

ところどころ、黒い印がつけてありますが、この印はどういう意図でつけられたものなのでしょう?
Posted by Tokyo Chikushi at 2016年09月08日 13:12
天神や博多を通勤場所とする「都市圏」が、
大きくなったということだと思います。
仰る通り、糸島地区も西鉄エリアだった場合、
この路線図の様式も大きく変わっていたことでしょう。

黒の印は、当時まだ計画段階だった、
地下鉄3号線のシミュレーションです。
天神からベイエリアへの延伸も検討されていました。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2016年09月08日 20:08
赤間急行にユリックス行(経由?)があったのは初めて知りました。
時刻や行先幕がどうなっていたのか気になりますが、鉄道ならともかく
バスとなると厳しいでしょうね。
Posted by したっぱ at 2016年09月08日 21:16
私は物的蒐集欲が足りないので、何も持ちませんが、
たぶん周辺のマニアさんには、
ひとりくらい幕もってる人がいそうな気はします。

時刻表は、西鉄の豆本、いつまで発行されてたんでしょうねー。
日の里口経由赤間なんかの資料もないか探したんですが、
当方では今のところ見当たらずですー。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2016年09月14日 10:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。