地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年09月11日

砂津


最近、田野浦の待合もなくなりまして、後藤寺のバスターミナルも今月限りですし、
直方バスセンターなんかも風前の灯ですが、じゃあ何を残しておけば後悔しないのか、
というのはとても難しい問題なのです。砂津本陣1号店。



この待合所の風景なのか、バスなのか、それとも細かいパーツなのか。
何年か先には間違いなく更新される日が来るでしょうが、



じつは待合よりずっと新しい観覧車のほうが、あとから惜しくなるかもしれません。
マリノアの大きいのは無くなりましたし、海の中道もですし。

逆に価値観が変化すると、ただ高いところまで一周するだけなのに、
なんであんなに皆が乗りたがっていたかねぇ、と疑問に思う時代が来るかもしれませんし、
次の世代がそう感じて、我々は寂しく感じることもあり得ますw



58MCは、なんか惜しいです。



福北高速を懐かしむ日が来るのかどうか。



この写真は、けっこう好きです。



生きている間に、もう一度くらい、西鉄グループのロゴも更新されるかもしれませんね。



きっぷを買ってバスに乗る、という習慣は、あまり持ち合わせません。






同じカテゴリー(北九州)の記事画像
黒崎のバス
築地町(ちくちまち/つきじまち)
砂津1804
北九州の58MC
東門司一丁目
折尾駅の変化
同じカテゴリー(北九州)の記事
 黒崎のバス (2018-06-19 17:17)
 築地町(ちくちまち/つきじまち) (2018-05-24 07:07)
 砂津1804 (2018-05-23 07:07)
 北九州の58MC (2018-05-22 07:07)
 東門司一丁目 (2018-05-21 21:28)
 西鉄バス北九州エリア完乗への障壁 (2018-04-20 16:21)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)北九州
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。