地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年09月18日

下三津西


吉野ケ里町の西の方、田園風景。



下三津西、電柱に頼らないと、ひとりでは立ってすらいられないような佇まいで。



午前中に中心部に出て行って、午後から戻るだけ。
通院や買い物にまったく使えないわけでもないのでしょうが、
行動は非常に限定されますし、使わせる気がないなら走らせる必要もないのかも。



というわけでもないでしょうが、当バス停の利用終了。



ここに新しい家を建てる人は、すべての移動需要を車で賄う覚悟の上でしょうから。
最初から、バスに頼る前提で生きてはいないのだと思います。



田んぼの向こうに川原団地。



サガン鳥栖ラッピングのバスが遠くに走り、東脊振庁舎方面へ。



間もなくスマートループのハイエースが、田んぼとビニールハウスの間を疾走します。



これが、午後の戻り便。そして最終日の最終便。誰も乗っていませんでした。
せめて、ここにバスが走っていたこと、バス停があったことは憶えておきたい、
そう願うがために、こんなブログが9年も続いております。






同じカテゴリー(鳥栖)の記事画像
東橋と市民の森
鳥栖河内週末の日常
鳥栖元町
西鉄鳥栖建て替え
目達原桜開放
神埼駅通り
同じカテゴリー(鳥栖)の記事
 東橋と市民の森 (2018-06-05 17:17)
 鳥栖河内週末の日常 (2018-06-04 17:17)
 鳥栖元町 (2018-05-25 07:07)
 西鉄鳥栖建て替え (2018-05-06 07:07)
 目達原桜開放 (2018-05-05 07:07)
 神埼駅通り (2018-05-04 07:07)

Posted by ちょんびん at 00:02│Comments(0)鳥栖
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。