地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年09月19日

伊保戸公民館箱川上分


大豆畑でバスを待て。
意味があるわけではなく、ライ麦畑でつかまえて、と語呂が似てるな、というだけの話です。
最終日の吉野ケ里町コミュニティバス、サガン鳥栖ラッピングは、遠くからでも判別が簡単。
大豆畑と書きましたが、大豆になるまで待つのか、枝豆として収穫するのか、
この状態で見分けられるのかどうかも知りません。



国道385号上を走りますが、国道上にはバス停がなく、



最初の写真でバスが写っていたあたりにバス停。



伊保戸公民館。



ひとつ東に、もうひとつバス停。そして歌声喫茶。



箱川上分。ともに8月31日で廃止となりました。



南の下藤集落まで巡回して、三田川庁舎に戻る片回り1日2便。
どういう利用を想定していたのかまったくわからず、
ただ新宮田や川原団地の空き時間に走ってるだけかと思っていましたら、
最終日最終便にも地元の婆ちゃんが乗っていました。疑って申し訳ない。

だとすると、廃止によって不便を蒙る人が出るわけですよね。。。。




同じカテゴリー(鳥栖)の記事画像
JR鳥栖駅帰還
大興善寺小松
旧道向平原
瀧光徳寺
恒例貸切バスコンビニ立ち寄り:ファミリーマート小郡力武店
基山登山口丸林~城戸老松宮
同じカテゴリー(鳥栖)の記事
 JR鳥栖駅帰還 (2018-01-28 06:06)
 大興善寺小松 (2018-01-27 06:06)
 旧道向平原 (2018-01-26 06:06)
 瀧光徳寺 (2018-01-25 06:06)
 恒例貸切バスコンビニ立ち寄り:ファミリーマート小郡力武店 (2018-01-24 06:06)
 基山登山口丸林~城戸老松宮 (2018-01-23 06:06)

Posted by ちょんびん at 06:06│Comments(0)鳥栖
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。