地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年09月20日

辛上橋


倉庫。



このバス停の放置感というか何というか。



辛上橋。



吉野ケ里町コミュニティバス学童輸送。
辛上橋から東脊振庁舎へ、途中停まることなく直行。
朝学校へ行って、夕方に戻って来るだけ。



橋台と堤防の整備に絡んだ空き地だと思うのですが、広いです。



公民館は集落の入口。



生活感が薄くて、後付で造られた雰囲気のある場所なんですよね。
移動需要があって、バス停ができて、そこに人が集まる、みたいなプロセスは全部省いて、
行政側の都合で工事をして、転回しやすい場所にバス停を立てただけ、というよううな。



ここに一部通行できない区画を設けることで、
本線である集落への道へ誘導するわけですが、本当に必要なのやら。



夕方の便、誰も乗せず。
というか学童輸送なのに、なぜ夏休みの最終日に廃止されるのか、って疑問も。



なんの余韻も残さず、すぐにバスは戻っていくのでした。

吉野ケ里遺跡公園の東脇、住宅のある部分だけ公園にならず、といった風情で、
もうひとつ何か工夫すると魅力的な場所になりそうな、そんな物足りなさを漂わせているのです。
3往復くらい中型が往復してて、小さな待合でもあれば、よい終点になれそうなのになー。





同じカテゴリー(鳥栖)の記事画像
JR鳥栖駅帰還
大興善寺小松
旧道向平原
瀧光徳寺
恒例貸切バスコンビニ立ち寄り:ファミリーマート小郡力武店
基山登山口丸林~城戸老松宮
同じカテゴリー(鳥栖)の記事
 JR鳥栖駅帰還 (2018-01-28 06:06)
 大興善寺小松 (2018-01-27 06:06)
 旧道向平原 (2018-01-26 06:06)
 瀧光徳寺 (2018-01-25 06:06)
 恒例貸切バスコンビニ立ち寄り:ファミリーマート小郡力武店 (2018-01-24 06:06)
 基山登山口丸林~城戸老松宮 (2018-01-23 06:06)

Posted by ちょんびん at 06:06│Comments(0)鳥栖
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。