地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年09月26日

2016年10月1日ダイヤ改正北方駅「134」⇒「36」


大手町から北方まで北九州都市高速を経由する唯一の系統「134」。
今月末で経路変更および番号変更になり、北方ランプで下りるバスがなくなるので、撮影。
回りにランドマークとなる看板や建物が見当たらず、これがどこなのか主張が薄いです。
都市高速のランプなんて、みんなそんなもんかもしれませんけど。



反対側の側道にて、何かの痕跡ぽいですが、ブログの性質上、あまり深く考えません。



「134」小倉駅方面砂津行き。



当然ながらこちらも、北方から都市高速へ。「134」のこの姿も、今月限り。



来月からは「36」となり、三萩野経由で大手町方面へアクセスします。
貴船町のところに新設区間ができます、って書く想定だったのですが、



競馬場前北九州市立大学前からモノレール下の経路になるので、
日の出町との間にも新設区間が生じます。



「132」は残るので、北方ランプから都市高速に乗るバスは、完全には消えません。



北方駅、この本数で戸畑方面を名乗るのはどうかと思います。



STATIONと表記するのか、EKIと音を追いかけるかは、おそらく永遠のテーマです。






同じカテゴリー(北九州)の記事画像
黒崎のバス
築地町(ちくちまち/つきじまち)
砂津1804
北九州の58MC
東門司一丁目
折尾駅の変化
同じカテゴリー(北九州)の記事
 黒崎のバス (2018-06-19 17:17)
 築地町(ちくちまち/つきじまち) (2018-05-24 07:07)
 砂津1804 (2018-05-23 07:07)
 北九州の58MC (2018-05-22 07:07)
 東門司一丁目 (2018-05-21 21:28)
 西鉄バス北九州エリア完乗への障壁 (2018-04-20 16:21)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。