地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年09月27日

2016年10月1日ダイヤ改正小倉駅BC1「134」消滅


北九州空港は独立として、10番台と110番が同じ乗り場なのは、方向性が一緒だから?
じゃあ「134」と「34」は一緒じゃなくていいのか、という問題に最良の答えは見つかりません。
守恒なのか志徳団地なのか志井なのか、実はここからは大手町あたり利用が多くて、
このように都市高速経由を全部集めてることが機能的に一番妥当なのかも、など。



北方駅を経由する「134」が消えるという記録。
中谷行きは、「34」のように石原町まで南下するのではなく、長行校経由です。



「34」のアイデンティティは志井車庫かと思ってましたが、「134」に関しては志徳橋でよかったようで。



「134」の記念。



母原行き、減りますがまだしぶとく残ります。





同じカテゴリー(北九州)の記事画像
黒崎のバス
築地町(ちくちまち/つきじまち)
砂津1804
北九州の58MC
東門司一丁目
折尾駅の変化
同じカテゴリー(北九州)の記事
 黒崎のバス (2018-06-19 17:17)
 築地町(ちくちまち/つきじまち) (2018-05-24 07:07)
 砂津1804 (2018-05-23 07:07)
 北九州の58MC (2018-05-22 07:07)
 東門司一丁目 (2018-05-21 21:28)
 西鉄バス北九州エリア完乗への障壁 (2018-04-20 16:21)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。