地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年10月25日

砂津ターミナルを撮り遺すなら


何かに貢献したい、という善人(笑)としての欲求がありまして、
それが地域振興なのか、震災復興なのか、もっと直截的に西鉄への経済的貢献なのか、
まあよくわかりませんけど悶々としておりますので、表明だけしておきます。

ワンピースの作者尾田さんは熊本出身なので、
震災復興のために南阿蘇鉄道やくま川鉄道とコラボして、
ラッピング列車やイラスト入りポストカードでの来訪誘導をされるのだそうです。
そこまで大きな力は今のところ持ちませんが、夢は大きく持ちたいと思います(笑)。



それはさておき、懐古趣味の強い私としては、
後藤寺や直方や飯塚や戸畑のターミナルが次々と姿を消していくのを見ると、
どこを記録しておけば心残りにならないのか、というのを考えるのです。

ふだん当たり前に見ている場所ほど、撮っておかないと後悔するのは、
これまでの経験でわかってきましたが、
何が先に失われるのか、何が失われてから惜しく感じるのか、を予想するのは、本当に難しいです。



これも、砂津バス発着所の看板をメインに撮影していますが、
北九州空港やキタキュウマンを懐かしく感じる日が来ないとも限らないですし。



ちなみに、最近キタキュウマンとよく絡んでいる、ヤバイ仮面をご存知でしょうか。
ヒーローショーに特化した総合イベント会社「株式会社悪の秘密結社」というのがありまして、
お友だちなので、見かけた時はよろしくお願いします。こないだヤフーニュースにも載りました。



バスきっぷの看板は味があると思うのですが、あまりきっぷを買ってバスに乗る習慣はありません。



自動販売機。



一般路線バスの切符を売る気はなく、まあ天神とか福岡空港とか行くのに、
運賃箱に札を入れるのもどうかねぇ、という方が先に切符買うくらいの需要でしょうか。
往復切符は天神と福岡空港と、直方と後藤寺。間の3140円は廃止になった久留米便でしょうか。






もともとこの日の訪問は、都市高速を経由して志井方面に向かう「134」の廃止前に、
いろいろと撮り遺しておこうというコンセプトでした。
40分おきに運行される路線の廃止は、全体的な利用不振ではなくて、
さほど速達効果のない都市高速利用をやめる意図なのではないかと思います。
少しだけ新規区間もできていますので、早いうちに乗りに行きたいものです。






同じカテゴリー(北九州)の記事画像
木屋瀬宿
黒崎駅前出発までのイントロもしくはプレリュード
西鉄黒崎バスセンター
小倉高校下
高野 西谷変電所の廃止も含めて
高野三丁目
同じカテゴリー(北九州)の記事
 木屋瀬宿 (2017-06-16 16:16)
 黒崎駅前出発までのイントロもしくはプレリュード (2017-06-15 16:16)
 西鉄黒崎バスセンター (2017-04-27 00:02)
 小倉高校下 (2017-04-03 06:06)
 高野 西谷変電所の廃止も含めて (2017-04-02 06:06)
 高野三丁目 (2017-03-25 19:19)

Posted by ちょんびん at 21:21│Comments(4)北九州
この記事へのコメント
西鉄のバスターミナル(いやバスセンターと呼ぶべきでしょうか)の中で一番好きなところを挙げよ、と言われたら、私は砂津を一番に挙げますね。天神と僅差ですが(笑)
向かいのチャチャタウンからバスを眺めていると時を忘れます。
建物が古いのでいずれ建て替えになるとは思うのですが、バスが次々と発車してゆける構造だけは残しておいてほしいものです。これだけ多車種をいっぺんに見られるという面でもそうですね。
Posted by number8 at 2016年10月25日 21:48
運賃箱に札を入れるのはちょっとネェ、と思う実例の人間がここに一人います。
でも、先に切符を買ってしまうと、途中で気が変わって手前で降りることになった時に損をしてしまう、と考え、降りる時に運賃を支払うのが本筋、と考える人間でもあります。

ここからは昔話です。
昔は、バスも切符を買って乗るものでした。ちょっと乗客の多い停留所には、たいていバスの切符売り場があり、おばさんが売っていました。大きなバスセンターだけでなく、たとえば、天神バスセンターの向かい側の西鉄街(現在の天神コア)前の乗り場とか、一丁目の郊外方面行き(那珂川行きなど)乗り場(一丁目交差点のやや南)とか、二日市の(旧)3号線沿い南行き(日田行き、熊本行き、佐賀行きなど)乗り場とか。
切符売り場のない停留所(こちらがほとんど)から乗った場合は、車内で車掌から切符を買っていました。揺れる車内で、車掌が器用に切符を売っていましたね。

ワンマン化された当初、降りるまで切符を入手できず、降りる時に小銭を直接運賃箱に投げ入れることには、最初はかなり違和感と抵抗感を感じました。
Posted by Tokyo Chikushi at 2016年10月26日 13:32
天神の平屋バスセンターが懐かしい沖浜です。
杷木でも浮羽でも田野浦でも後藤寺でも松浦でも平戸でも矢部浜町でも、
無くなったものほど惜しくなる貧乏性ですので、
いまの一番ってどこでしょうかねぇ。。。。。

西肥川棚とか好きですけどねー。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2016年10月27日 01:31
ニモカになって以来、とりあえず行先を決めず列車に乗れて、
当初の目的地と違う場所に行くことが増えたような気がしますw

私が物心ついた時には、ツーマンは一部国鉄バスくらいで、
バスといえばワンマンで走るものになっていました。
こういう時代なんで、人間が介在することの意味を、
もう一度考え直してみてもよいと思います。

実際のところは、製造業なんかも人手不足は顕著でして、
費用面からもバス車掌に光が当たることはなさそうですけど。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2016年10月27日 01:35
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。