地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年11月02日

中央埠頭


博多港国際ターミナル(中央ふ頭)、当たり前ですが、韓国人が多く居ます。
これまで降車場だったバス停に、中央ふ頭クルーズセンターの文字が追加されました。



延伸です。



偶然バスが来るか、もしくは天神辺りでちゃんと時刻表をチェックするかなら乗る価値ありですが、
大雨でも降っていない限りは、ここから歩いてもいいんじゃないか、と身も蓋もない意見を述べます。



いやあ、クルーズ船って、マンションみたいですよねー。
海上に浮いているのだ、ということすら忘れてしまいそうですよ、見た感じ。






同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事画像
渡辺通のバスを撮る
新六本松
雪のあとの都心
福岡国際マラソン迂回の日に
パナソニック前旧九州松下電器前
筑前簑島駅と那珂川筑肥橋
同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事
 渡辺通のバスを撮る (2018-04-25 06:06)
 新六本松 (2018-03-05 21:11)
 雪のあとの都心 (2018-02-21 21:37)
 福岡国際マラソン迂回の日に (2018-01-14 06:06)
 パナソニック前旧九州松下電器前 (2017-12-09 16:16)
 筑前簑島駅と那珂川筑肥橋 (2017-12-08 16:16)

この記事へのコメント
クルーズ船は本当にマンションみたいですね(^o^)

須崎と中央は三万トン級までしか着岸できなかったのですが、今はどうなんでしょう?

貨物船は三万トン以上の船は先に箱崎に着岸してトラック輸送をして軽くしたところで須崎に回送だったのですが、まだまだ手付かずなんですよねおそらくf(^_^;
Posted by 暇工作 at 2016年11月02日 10:07
博多は砂洲が多いので、港に適した地形ではないですよねー。
大陸からやって来た時の位置関係がよかったので発展しましたが、
一級河川もないのに、よくここまで、と思います。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2016年11月04日 20:40
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。