地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年11月04日

西鉄バスKids FREEサービス

西鉄さんの公式リリースはこちらから⇒西鉄バスKids FREEサービス(PDF)



6月1日から発売になった、福岡市内フリー乗車券。900円。
あと、太宰府まで旅人バスで行けるものとか、北九州のも対象らしいですが、
1枚所有につき小学生同行一人、無料になるサービスが始まっています。

900円で大人一人でも、郊外からだと往復だけで元が取れる場所は多くて、



23や急行が天神まで直通する、大蔵(おおぞう)だと片道560円。
ちなみにここ大蔵は、バスの所在地自体は新宮町の土地らしいですが、
福岡市内フリーの境界になっていて、使えます。



西の郊外、野方台からだと片道460円。



柏原営業所からだと、440円で、往復だけではちょっと足りませんね。

と、よっぽと福岡市中心部に生活していない限り、お得になる乗車券なのに、
小学生一人無料になるとなると、さらに購入する価値のある場面が増えそうです。
単純計算で、900円を大人600円小人300円でシェアすると考えればよいのですから、
片道300円以上の区間を利用するなら、一日乗車券を買ったほうが得なのです。



ということで、天神まで300円以上する境界線を路線図上で表現しようと考えましたが、
あまりに時間がかかりそうに思えて、取り掛かる前に挫折しました。

だって、往復だけ考えたら300円区間ですけど、
たとえば天神と博多も往復するんだったら、
それはもう、200円区間往復でよくなっちゃいますので、
目的地が2箇所以上あるお出かけだったら、大体の場合買えますし、
わざわざ図示する必要もないかなぁ、と思ったんです。

ということで、お子さまとのお出かけの際は、バスでどうぞ。



同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事画像
西鉄バス停コラボチョコを語る#6 福岡黄エリア
西鉄バス福岡都市圏完乗への障壁
西鉄バス停コラボチョコを語る#5 福岡茶エリア
マニアの遠足 福博バスあるき#2-5
博多バスターミナルで西鉄バス全線完乗を考える
西鉄バス停コラボチョコを語る#4 福岡橙エリア
同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事
 マニアの遠足 福博バスあるき#3-7 (2017-03-27 16:51)
 西鉄バス停コラボチョコを語る#6 福岡黄エリア (2017-03-24 19:19)
 西鉄バス福岡都市圏完乗への障壁 (2017-03-23 00:02)
 西鉄バス停コラボチョコを語る#5 福岡茶エリア (2017-03-22 19:19)
 マニアの遠足 福博バスあるき#2-5 (2017-03-16 23:45)
 博多バスターミナルで西鉄バス全線完乗を考える (2017-03-12 06:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。