地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年11月28日

日の出町


北九州のダイヤ改正前に「134」とか撮りに行って、もう二か月。
ああ時間はあっという間に過ぎていきますですよ、と月並みな感想。



134の存在を、ここでも記録。21の中谷行きが守恒経由でないと、この時初めて気づいた次第。



「36」も、すでに二か月を経たわけですが、調子はいかがでしょうか。
最初の写真に載せているように、未乗区間ができているので、年内には再訪を、と志してはいます。



日の出町、守恒の北、北方の南。



特に何も。



レモン美容室は、甘酸っぱい髪型に。#なりません



実際の位置関係は無視しているのですから、もうすこし並べ方があったでしょうに。
門司駅前と浅生市場と砂津、ひどいですw



34のほぼ20分間隔と、134の偏向40分間隔を崩して、



ほんのちょっと減便。



北方ランプで下りるバスは消えたのですが、132は存続なので、
北方ランプから乗るバスは残るんだよね、ということを撮りたかったのだと思います。
二か月も前の自分が何を考えていたのか、もう憶えているわけもありません。



こちらは、何に注目したんでしょうねぇ。



バスが通り過ぎるのを追いかけただけでも、考えていたことはすぐに忘れます。
ある意味、それが幸せの秘訣なのかもしれません。






同じカテゴリー(北九州)の記事画像
黒崎のバス
築地町(ちくちまち/つきじまち)
砂津1804
北九州の58MC
東門司一丁目
折尾駅の変化
同じカテゴリー(北九州)の記事
 黒崎のバス (2018-06-19 17:17)
 築地町(ちくちまち/つきじまち) (2018-05-24 07:07)
 砂津1804 (2018-05-23 07:07)
 北九州の58MC (2018-05-22 07:07)
 東門司一丁目 (2018-05-21 21:28)
 西鉄バス北九州エリア完乗への障壁 (2018-04-20 16:21)

Posted by ちょんびん at 18:20│Comments(0)北九州
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。