地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年11月28日

三萩野2016


ブログを書くのに何も脳ミソを通していないので、時折反省することもあります。
最近は何故か知名度が上がってきているので、もう少しバスオタ以外の人にも理解できる内容を、
例えばこの写真であれば、ここは三萩野という北九州のバス停で、
これは西鉄ではなく熊本の産交バスという会社のバスで、
北九州と熊本の間の結ぶバスは西鉄が撤退して、いまは産交が単独で路線を維持していて、、、
理解できるのと面白いのは、往々にして合致しないわけですが。



同じく、北九州と長崎を繋ぐ出島号ってのも西鉄は手を引いてまして、
いまは長崎県営バスが走らせているわけですが、
そういう沿革の近い2台のバスが同じタイミングでやってくることが面白いでしょ、
という風に押し付けるのも正しいのかどうか。

私が面白いと思うことは、こういうことです、とわかりやすく表現することと、
で、あなたも面白いと思ってくれますよね、と共感を求めることは、大きく違うと思うのです。



日祝日の場合、このような2台の同行は、昼の12時過ぎにだけ見ることができるようです。
とはいえバスですので、乗降人数の差や渋滞、信号等で、一緒に来ないこともあります。
そういう一期一会を意識すると、ここのバスが2台並んでいることも、
物凄い偶然にもたらされる出逢いであるかのように思える変態だけが、
こうやって5000本を超えるバスブログを書き続けられるような気がしてなりません。



そして最近、こうやってバス停の風景写真に終始する何も考えていない記事が減り、
変に読者に媚びるようなスタンスになっている自身を反省しまして、
あと「15分あればブログ1本書ける」という自分の言葉を証明すべく、
帰宅してからずっとパソコンの前に居座っています。これが4本目、三萩野



モノレールの高架が、ここのランドマークのひとつだとは思うのですが、どうも萌えません。






同じカテゴリー(北九州)の記事画像
黒崎のバス
築地町(ちくちまち/つきじまち)
砂津1804
北九州の58MC
東門司一丁目
折尾駅の変化
同じカテゴリー(北九州)の記事
 黒崎のバス (2018-06-19 17:17)
 築地町(ちくちまち/つきじまち) (2018-05-24 07:07)
 砂津1804 (2018-05-23 07:07)
 北九州の58MC (2018-05-22 07:07)
 東門司一丁目 (2018-05-21 21:28)
 西鉄バス北九州エリア完乗への障壁 (2018-04-20 16:21)

Posted by ちょんびん at 19:00│Comments(0)北九州
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。