地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年11月28日

中央二丁目


八幡東区の中心街、中央二丁目。定期券売り場。



特快とか高速とか、どっちが早いんだか判別しづらい名称区分ですが、
高速は文字通り高速道路を走るもので、天神まで行く「いとうづ」号です。
特快は路面電車代替バスの流れで、小倉と黒崎を結ぶのに、停まる停留所が少ないものです。
「停まるバス停が少ない」だと停の字がカブるなあ、と言い方を変えてもカブリました。



西鉄バスのアクリル加工をされておられる方は、
おしなべてローマ字を学ばれたほうがよい気がしますが、
このようにブログでネタにすることを思えば、ツッコミどころは必要なのかもしれません。
CYUOU、、、、



「73」がスぺスワルドに行かなくなる直前に撮りましたが、
当方の資質と才能と努力の都合によりまして、このブログにはリアルタイム性が欠けており、
まあ10年くらい経ってから懐かしむことを想定して記録しておくことが大事だろう、
というくらいの緩い気持ちで書き連ねているわけです。

ということは、毎日更新なんてものも本来は必要でなく、
書いた時に書いた分だけ更新しておいて、あとは時間が過ぎるのに身を委ねた方が、
いろいろ楽になるんじゃなかろうか、という思い付きで本日の記事更新を行なっております。



陣の原踏切でJR鹿児島本線を横切るバス路線が変更になり、陸橋を渡るようになったのと、
73が屋形船車庫方面の本来の路線に限定され、スペースワールド方面が廃止になったのが、
同じ日だ、ということがわかればこの写真情報の理解は足るのです。



イオン八幡東「73」。
撮らないままに廃止になると大層惜しいように感じるのですが、
撮れてしまえば必要だったかいまひとつ実感し切れないくらいの親密度。



新しい時刻表には、ちゃんと陣の原陸橋経由であることが言及されていて、



改正前の陣の原踏切経由と、ちゃんと区別されていることに気付いたことのほうが私には大事。
これは理由を考えなくても、ただそう感じる、という事実が大事なのです。



「73」の黒崎駅前行きは、屋形船からは残るので、経由地記載はともかくとして、どうでもよいです。



原一丁目や原小学校前に比べて、何もつかない「原」の方がバス停の格として上、
みたいな印象がありまして、こうやって独立地名がバス停に続くあたり、
路面電車時代の風格を残しているように感じます。



このカーブは、路面電車時代から印象的でした。高低差もありますし。



まあ、まだ1番は、よく走ってくれてるほうですよね。

いまから晩ご飯を食べますので、連続更新はここで一休みです。





同じカテゴリー(北九州)の記事画像
小倉高校下
高野 西谷変電所の廃止も含めて
高野三丁目
2017年3月25日ダイヤ改正 西谷変電所廃止
芦屋急行鶴松団地関連
向洋中学校前
同じカテゴリー(北九州)の記事
 小倉高校下 (2017-04-03 06:06)
 高野 西谷変電所の廃止も含めて (2017-04-02 06:06)
 高野三丁目 (2017-03-25 19:19)
 2017年3月25日ダイヤ改正 西谷変電所廃止 (2017-03-24 17:35)
 芦屋急行鶴松団地関連 (2017-03-23 20:30)
 向洋中学校前 (2017-03-22 16:16)

Posted by ちょんびん at 19:27│Comments(0)北九州
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。