地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年02月02日

トークイベント『バス路線探検の作法と手法』

※1月17日掲載記事の更新です。

2017年2月5日(日)イベントやります。
会場:舞鶴キッチン 福岡市中央区舞鶴1-9-11 電話080-6452-6635
16時スタート 料理は17時くらいから、19時頃終了予定
食事代飲み放題付き税込3800円

ディナーショウです(笑)。
まず最初に16時より1時間ほど、バスマニアの話をお聞きいただきます。
そのあと会場「舞鶴キッチン」のコース料理を、2時間ほどかけて楽しみながら、
バストークの続きを、というプログラムです。

誰得感がいっぱい、という認識でしたが、バスに乗るオフ会が楽しんでもらえましたし、
3800円以上の価値のある食事なので、バストークはオマケという考え方でも、
充分に楽しんでいただけます。
もちろん面白くできるように、精一杯仕込んで参ります。

せっかくちゃんとした会場でやるので、バスに乗る遠足オフ会とは趣向を変えて、
昭和の時代の路線図とか、時刻表とか、モノもいろいろ準備します。
お時間の許す方、ぜひお越しください。

申込は、FBイベントページから、参加ボタンをポチっとしてください。
このブログのコメントや、ツイッターのDM・リプ等でも結構です。

トークライブ
『バス路線探検の作法と手法』~バス路線探検家は二度ベルを鳴らす~

■バス路線探検とは、探検家とは
  バス路線探検家を名乗るまで 路線図から夢見る終点 
  知らない場所に行くロマン 
  バス終点のお約束風景
  研究家でも評論家でもなく、探検家

■バス路線探検の作法
  地域経済貢献という名の買い食い
  地域交流の是非。異邦人として乗るか空気として乗るか、それとも専門家として
  運営者局への敬意

■バス路線探検の手法
  路線図重視と終点確認
  乗るか撮るか
  コンテンツとコンテクストのバランス
  実車両/模型/設備/運営

■今後の発展性
  北九州本陣會という活動
  地域貢献の方向性とマネタイズ
  トレッキングやサイクリストとの親和性
  組織化と拡散

結論としては、「なんでもアリ」。




同じカテゴリー(福岡バスコンシェルジュ計画)の記事画像
第2回「ちょんびん鬼ごっこ」開催概要
鬼ごっこ、という今さらの試行。
期待される六本松
はかた号で都市高速一周
西鉄教習所で連節バスいろいろ
S字でゴルフボールを踏まないように
同じカテゴリー(福岡バスコンシェルジュ計画)の記事
 バス路線探検家の会(仮)開催告知 (2017-10-23 12:16)
 ちょんびん鬼ごっこ#2 (2017-08-02 23:58)
 第2回「ちょんびん鬼ごっこ」開催概要 (2017-07-31 21:51)
 鬼ごっこ回顧 (2017-07-30 23:58)
 鬼ごっこ、という今さらの試行。 (2017-07-29 00:02)
 期待される六本松 (2017-07-17 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。