地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年01月19日

色見入口


ふだん福岡市内と糸島付近だけで生きていますので、雪景色にテンションは上がりますが、
スタッドレスタイヤに履き替えるのを忘れて、前日晩に大観峰近くで死にそうになったのは秘密。



朝の色見入口。方々で見られる残念な景色として、たくさんの小学生がバスを待つのですが、
来るバスは路線バスではなく専用の通学バスで、その後に路線バスが空気だけ載せて走るという。



通学にちょうどよい時間風なのですがね。通院にはちょっと早いのか。



ちょっと歪な十文字。



そして、ひとり私だけが残されます。





同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
水平社、主に食堂、そしてエスカレーター
上から水俣産交
君ヶ淵駐車場
三江湖と鼠蔵町
南平和町
貨物船発着所前
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 水平社、主に食堂、そしてエスカレーター (2018-09-21 07:07)
 上から水俣産交 (2018-09-20 07:07)
 君ヶ淵駐車場 (2018-09-19 07:07)
 三江湖と鼠蔵町 (2018-09-18 07:07)
 南平和町 (2018-09-17 07:07)
 貨物船発着所前 (2018-09-16 07:07)

Posted by ちょんびん at 22:42│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。