地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年01月22日

星の原団地2017


すぐ人生に行き詰まるので、原点回帰が好きです。ドラクエのレベル上げみたいなものです。
新しいことを積み上げるのはストレスがたまりますが、
やったことあることを繰りかえす作業には工夫が必要なく、
ただ労力を費やしていることが自身への免罪符になります。



いつもとは違う角度から、みっちゃん、じゃなくて有吉商店を注目しています。



電車通りより北はバスが走ってなかったので、私にとっては行く必要のない場所だったのですよ。
それが今では、福岡タワーとか百道の営業所とか、力点を置くべき場所になりました。
星の原団地からのバスが、飯倉行きと西新パレス行きしかなかった時代からすると、
博多駅までの直行ができたことだけでも驚きだったのですが。



小さいバスが博多駅まで行くことも、すっかり当然になりましたな。
タワー方面に直行することは、需要なしと見做された感が強いですが。
でも直行が1本あると直通運賃が設定されますので、定期券は安くなるんですかね。



日祝日の方がタワー行き多いです。



間引かれ新年。



年末年始特別ダイヤの期間は、どんどん長くなるイメージ。
24時間営業を取りやめたファミレスも出てきてますし、
仕事と自己犠牲を切り分ける考察は、やってみる価値があると思います。

かけた時間を測って評価するのは簡単なんですよ、管理者として。
成果を評価しようとすると、判定基準を設定する必要があるので、
それ自体に才能を求められます。



正月の日の丸。新年数日しか撮れない貴重品ですが、
撮ったからには旧正月までには載せるべきだろうという気がします。



星の原団地でした。今年も雪降りませんかね。





同じカテゴリー(福岡青)の記事画像
愛宕浜営業所、能古渡船場ではなく。
昭代三丁目旧西新駅前
室見五丁目
室見川筑肥橋
愛宕一丁目都市高速下じゃないほう
小田部大橋
同じカテゴリー(福岡青)の記事
 愛宕浜営業所、能古渡船場ではなく。 (2017-12-11 20:02)
 昭代三丁目旧西新駅前 (2017-12-06 16:16)
 室見五丁目 (2017-12-05 16:16)
 室見川筑肥橋 (2017-12-04 21:02)
 愛宕一丁目都市高速下じゃないほう (2017-12-03 20:21)
 小田部大橋 (2017-11-27 06:06)

Posted by ちょんびん at 07:20│Comments(0)福岡青
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。