地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年02月21日

昭和60年西鉄バス初詣


※画像が荒いのは故意です。クリックして拡大してください。

1985年正月の初詣交通手段を紹介するチラシ。
こういう過去を振り返ることまで趣味の範疇に入れると泥沼間違いなしですし、
過去を振り返る暇があったら現在を記録せねばならない、という使命感があるため、
続けようかどうしようか迷っています。

路線図も、掲載するだけでなく変遷の分析までできれば、
もっと深みのある内容になるのでしょうが、
基本的に私は、フィールドワークに徹したい、いやむしろ写真撮影も負担で、
只管バスに乗っているだけが最終希望です。
記録に情熱を燃やしたい若い方が多数出現することを願っています。

とはいえ、その当時に生きていたからこそ言えることできることもあるでしょうから、
まだぼちぼち頑張ります。まずはとりとめもなくチラシを見ての感想でも。
ちなみに掲載しているのは裏でして、表は晴れ着のおねーさんが写っていて、
化粧の具合に昭和を感じさせて史料としては面白いのですが、
肖像権の都合により西鉄さんより許可がいただけなかったので、片面だけあしからず。

・黒崎や小倉から宮地嶽への直通バスなんて走ってたんですねー。
まあ20番が小倉側半分復活したと思えば、そう途方もない路線でもないのでしょう。

・櫛田神社の最寄りバス停は奥の堂なんですか。
確かに鳥居があっちにもありますから、大博通りからのアクセスが正解なんですね。
私はいつも渕上前のほうから入る気がします。

・「国鉄」という単語に過剰反応。

・後藤寺や直方からの太宰府行きは、飯塚経由して米山峠経由。

・この記事「西鉄バス」「初詣」でタグ付けると、来年以降の情報検索時に迷惑をかけそう。
半ば確信犯ですが。



同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事画像
期待される六本松
蚕豆が見た六本松
はかた号で都市高速一周
西鉄教習所で連節バスいろいろ
S字でゴルフボールを踏まないように
西鉄自動車学校教習体験
同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事
 期待される六本松 (2017-07-17 22:00)
 蚕豆が見た六本松 (2017-07-17 21:59)
 福岡バスブログコラボ企画業務連絡 (2017-07-13 21:34)
 偶然に九周年 (2017-07-05 20:30)
 はかた号で都市高速一周 (2017-07-04 21:43)
 西鉄教習所で連節バスいろいろ (2017-07-03 16:16)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。