地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年03月03日

西鉄バス停コラボチョコを語る#4 福岡橙エリア


本日、このチョコたちのカード払い請求が来まして、白目になっているちょんびんですこんばんは。



南西の橙色エリア。

■片江営業所→堤
営業所を桧原柏原と共に三箇所とも採用することに異論はありませんが、
なぜ隣接表示が堤だけなのか、敢えて勝負してきた感があります。
これは柏原三丁目が採用になっているのと通じる価値感が見られます。

バス停をチョコにすること自体がネタなのですから、
普段から頻繁に利用されていることだけが選択理由になるのではなく、
何か一捻りある方が面白いですもんね。

片江営業所を出たバスは、南片江や南片江小に行くものの方がすっと多く、
堤に直行するのは、6と12と外環1という状況の中で、敢えての堤です。

■柏原営業所→自然公園前
こちらは終点の営業所なので、隣接バス停に悩まなくてよいタイプ。
桧原と柏原は字面も似ているので、両方採用しなくてもよい気がしますが(笑)、
当ブログの営業所一覧アクセス数を見ても、ニーズがあるんですよね。

■桜町←桧原桜前→自動車免許試験場正門前
「700」という番号が印象的だったため、「外環1」に上書きできない私。
チョコシリーズの紫駅が色付きだったように、ここだけは桜模様でもよかったのに。

こうやってコメントを重ねると、さらにバージョンアップして来年も発売、
なんてことも起こりうるのでしょうが、さて経済的に来年も同様の消費が可能でしょうか。

■北公園前←柏原三丁目→古野
ある意味マイノリティであるはずですが、住民請願によってできた路線であり、
西鉄さんの運営側にとっても思い入れや親近感の強いバス停なのかもしれません。
高低差と狭さが萌えポイントである私、ここはもう無条件でキュン死です。
バスを走らせることを想定していない道路は、やはり規格がちょっと違って、
運転士さんが苦心しながらバスを走らせている姿が素敵です。


★桧原営業所→桧原三ツ角
こちらは隣接がマジョリティのみの選択。それにしても、なんで売り切れたんでしょ。
3×5×2段で30個ずつ初期販売されてましたので、2400円ほどの課金で独占できたんですが、
そんなに営業所の中で突出した人気を誇っているようにも感じられません。
あ、でも、こないだのバス乗車オフに参加してくださった方6名のうち、
ふたりのニックネームが桧原絡みだったので、思い入れの強いファンが多かったりして。




同じカテゴリー(福岡橙)の記事画像
若久団地
バレンタイン最終告知
片江営業所2017
西鉄バス片江営業所ドリームバレンタイン号
『Y氏は暇人』からお越しくださった方へ
ハロウィンモードの福大病院と高宮循環
同じカテゴリー(福岡橙)の記事
 若久団地 (2017-02-24 06:06)
 バレンタイン最終告知 (2017-02-13 20:00)
 片江営業所2017 (2017-02-05 12:46)
 西鉄バス片江営業所ドリームバレンタイン号 (2017-01-30 22:57)
 『Y氏は暇人』からお越しくださった方へ (2016-10-09 07:07)
 ハロウィンモードの福大病院と高宮循環 (2016-10-06 16:46)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。