地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年03月03日

平田


西鉄バス停の掲載ばかり9年もやっていますと、何か先駆者のような扱いをいただくこともありますが、
個人的な感覚では吹けば飛ぶような実績でしかなく、
才能のある人が面白い切り口を見つければ、すぐにでも用なしになる覚悟でおります。

現代人って、みんな何かを成し遂げようと気負い過ぎなんじゃないですかね。
そんなにみんな、具体的な目標を定めて生きていかなくていいと思うんですよね。



とこれまた世間に媚びたような、好きなことを貫け的立場に立ってみるわけですが、
せっかくこれだけ続きましたし、まだ続けられそうな予感もあるので、
じゃあ福岡市内の全部のバス停を掲載することを意識しようと思うのです。
そう思って最初に訪問したのが「平田」なのは、地元の人には失礼なんですが、



まだここにバスが通れるような道路が無かった時代から知った場所、
次郎丸経由(当時は一般的には三軒屋経由と呼ばれていましたが)だけでなく、
田隈経由(これまた田隈バス停が経路外にできたおかげでややこしくなったのですが)
もできた時には感動したはずなのですが、あまりにも身近に長い間置きすぎましたでしょうか。



歴史が事件史であるように、バス停ブログは非日常探しでありますので、
周りに住宅が立ち並んで、多くの人たちが普通に日常生活を送りつつ、
都心に向けて通勤通学しているようなバス停は、非常に文章を綴りづらいのですよ。

かといって都心部のビルが林立するような場所であれば気の利いたこと書けるわけでもなく、
ただ単に終点以外のアイデンティティを探すのが下手なだけなのですがね。
もうひと手間かけて、少しバス停から離れた路地まで散策してみればよいのかも。



ほら、このゴルフ練習場のネットだって、十分に他の場所とは違う風景なのですよ。
でも普通に通勤していると、週のうち5回くらいは目にするために、
それを他者に伝えるという視点から取り上げることができないのです。
この辺はもう才能と努力の欠如だとしか言えません。



朝早くから、バスは何本も走っています。



ただし郊外向けは、営業所を出て都心まで行って折り返すので、これが初発。
原往還→金武で検索をして、自分が乗るバス以外に来ないと思いこんでいたので、
これは当初予定の「2」だと信じて乗ってみたら、「201」で驚きました。

写真見ても、ちゃんと「201」と表示されていますが、
カメラを向けるのに気を取られていて、ちゃんと見ていません。
金武行きで検索したため表示されなかったのですが、これは四箇田団地止めなのでした。

ということで大きな不安要素を抱えつつ、全バス停掲載プロジェクト始めます。
ブログの体裁も進行方法も何も変わりませんが、私の心持が多少変わります(笑)。
乗り換えの際など、講倫館高校と打ち込むのが面倒だという理由だけで有田で降りたりしてましたが、
これまで載せてないところがどこか、という意識で行程選択するつもりです。あくまでもつもり。





同じカテゴリー(福岡青)の記事画像
野方遺跡前 通らなくなる「506」「526」に注目
外環2運行開始と初乗車
「507」生の松原団地方面の路線短縮
2017年3月25日ダイヤ改正 飯倉にて複乗廃止三兄弟
2017年3月25日ダイヤ改正 星の原団地複乗廃止その2
2017年3月25日ダイヤ改正 星の原団地複乗廃止
同じカテゴリー(福岡青)の記事
 野方遺跡前 通らなくなる「506」「526」に注目 (2017-04-16 06:06)
 外環2運行開始と初乗車 (2017-04-15 06:06)
 「507」生の松原団地方面の路線短縮 (2017-04-11 06:06)
 2017年3月25日ダイヤ改正 飯倉にて複乗廃止三兄弟 (2017-03-16 17:58)
 2017年3月25日ダイヤ改正 星の原団地複乗廃止その2 (2017-03-15 06:06)
 2017年3月25日ダイヤ改正 星の原団地複乗廃止 (2017-03-14 21:21)

Posted by ちょんびん at 16:16│Comments(0)福岡青
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。