地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年03月09日

棚田亀の井

某交流会に参加して、早めに切り上げて別府移動の予定が、
お父さんがバス会社を経営しているタレントさんがおられて盛り上がり、
日付が変わってから車移動開始。

小杉=柚の木=平原=北大津留=境の谷=ねじ山=
椿=椿公民館=堺=渓谷入口=内成棚田=鉄輪=別府駅

もともとは撮影主体で動く予定が、
「別府まで来ているのにバスに乗らずに帰るのか?」
と自分に疑問を持ち、昼からチケット購入。

別府駅=流川8丁目~別府駅

昼の内成棚田便、別府駅戻りが1536、堺→別府の午後便が1601堺発。
時間がタイトなので、車で移動する効率を考えて、
帰りは流川スタートにするため、車を置きに行く。
※今回の堺バス停到着は1553でした。あまり余裕はないです。
渋滞の状況によっては乗れないこともあるかもしれません。


じゃあなぜ流川から乗らないのかというと、できれば始発地から、
より高額な区間を乗らないともったいない、という貧乏性だから。

MYべっぷフリー1日ワイド1600円
別府駅→「19内成棚田」→かいがけ 640円
かいがけ~岩水~梶原
梶原→「別府駅」→流川8丁目 500円

流川8丁目=堺
堺→「別府駅西口」→別府駅西口 690円
別府駅西口→「33柚の木」→柚の木 790円
柚の木~堺

柚の木と堺の移動は、堺のほうが高い場所にあるので、
下り基調になる堺→柚の木のほうが楽そう。現在のダイヤでは、
柚の木に車置き~柚木→別府→堺~柚の木=別府駅→かいがけ往復か。

いやいや撮影を考えずに乗ることだけなら、柚の木スタートで、
柚の木にバスで帰ってくる行程を考えればよいだけなんですがね。

徒歩移動する場合、
柚の木~小挾間の間に道があるようになっていますが、
現在は災害後に復旧されず鉄柵がされていますので、
県道620号~52号を辿る必要があります。

そして前傾の通り、小挾間→堺はキツイ登りです。

睡眠時間が足りていなかったせいか、帰宅途上に原鶴で仮眠をとったら、
そのまま5時間熟睡。午前1時半に起きて、3時に帰宅。



同じカテゴリー(行程表)の記事画像
佐賀俳句ハイク
宗像大島観光バス グランシマール
福博バスあるき#3-7実際
完乗の美意識
岡崎和郎の見立て
赤坂三丁目
同じカテゴリー(行程表)の記事
 那珂川ミリカローデンバスの日イベント初参加 (2017-09-18 23:09)
 ちょんびん鬼ごっこ#2 (2017-08-02 23:58)
 救急搬送 (2017-07-28 23:58)
 偶然に九周年 (2017-07-05 20:30)
 佐賀俳句ハイク (2017-07-02 23:58)
 ボーナス直後の天神からは急いで退散 (2017-07-01 17:16)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。