地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年03月14日

小杉で寝起き


どうしてもピーコを探したくなるバス停「小杉」。
読み方が「こすぎ」ならケインを探すのでしょうか。
亀の井バス停はフリガナが付いているので、読み方に悩むことはありません。



塩化カルシウムの粒。
仕事を終えて交流会に出て、深夜12時過ぎてから福岡を出発し、
雪の水分峠を越えて、亀の井バスのローカル線へ。



小杉に着いたのは午前4時前。始発便は7時過ぎにやってきますので、
仮眠3時間ほどで活動を開始する予定が、早く目が覚めたので撮影。
勤務日よりも確実にハードなスケジュールをこなす休日です。



東日本大震災から6年、強く言われていることですが、
明日も同じような日がやってくるとは限らないのですよ。
そんな貴重な毎日を、バスを追いかけるだけで浪費することが正しいのかどうかはともかく、
情動が私を突き動かすのですから、後悔しないように走り抜けなければなりません。



静かに、交差点。



何軒かの住宅。
夕方に最終の柚の木ゆきに乗ったところ、ここ小杉まで乗客がありました。
寝ぼけていたのでよく見ませんでしたが、高校生男子くらいの年代だったような気がします。
それとも乗客があったことも妄想なんですかね。



この付近は道幅も広くなって、整備直後の県道、という風合いです。
ここは堺行きと柚の木行きの分岐点でもあります。

西鉄バス廃止路線完全復活祭の京築編掲載を始めていますが、
併せて別府ローカルも載せていく予定です。

ああ、ホワイトデーも過ぎてしまいますが、まだバレンタインのチョコも全部書けていません。
ダイヤ改正時期だというのに、まったくリアルライムが追いついていません。

こうやってやりたいことがあるのは、幸せなのかもしれませんね。
もっと時間が欲しい、と言えているうちが華。






同じカテゴリー(亀の井バス)の記事画像
「柚の木」 亀の井ローカルの逸品終点
九重インターチェンジ
くじゅう登山口
別府駅西口
別府交通センターのバス
別府交通センターつづき
同じカテゴリー(亀の井バス)の記事
 「柚の木」 亀の井ローカルの逸品終点 (2017-03-26 16:16)
 棚田亀の井 (2017-03-09 23:58)
 九重インターチェンジ (2016-10-20 18:29)
 くじゅう登山口 (2016-10-19 17:17)
 別府駅西口 (2016-08-26 06:06)
 別府交通センターのバス (2016-08-25 06:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。