地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年03月17日

「蓑島」京築ローカル行先番号「1」の終点


行橋の東沖の港。添田交通色は海に縁のない路線だったはずですが、
虹の模様は思いのほか映えます。



待機して撮影タイム。



行橋行きの幕があるので掲出。「35」ですけれど、サマになります。
ここから香春経由で行橋に行くのは、あまりにも遠回りなのです。



さすがに伊田駅には(笑)。







蓑島バス停。平日は1時間に1本近い頻度。
太陽交通をこれまで愛してこなかったのが申し訳ないです。
太陽交通さんの方は、私に愛されたいとも思ってないでしょうがね。



バス停付近にお財布が落ちてました。お心あたりの方は、蓑島漁協までご連絡ください。






同じカテゴリー(京築)の記事画像
尾行送迎バス
伊良原大橋
新下伊良原代替地
伊良原ダムの底を走る
川久保
荒瀬橋にもバス停を
同じカテゴリー(京築)の記事
 伊良原ダム廃止路線完全復活祭まとめ (2017-11-11 23:23)
 尾行送迎バス (2017-11-11 11:11)
 伊良原大橋 (2017-11-10 06:06)
 新下伊良原代替地 (2017-11-09 06:06)
 伊良原ダムの底を走る (2017-11-05 16:16)
 川久保 (2017-11-04 22:35)

Posted by ちょんびん at 11:11│Comments(0)京築太陽交通
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。