地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年04月04日

渓谷入口 由布川渓谷


バックは鶴見岳、亀の井バス。



「34」堺行きの幕。スピードに対応できず、ブレてますが一応掲載。


由布川渓谷案内板挾間町。



バス停は、そのまま「渓谷入口」



で、せっかくなので地図に導かれて進んでみたら、



季節の所為か、それとも水害関連で危険な場所でもあるのか、立入禁止。※2017.3.9現在。



確かに谷が深いですね。



棚田自体は、普通の谷川が流れてそうなのですが、一番端の畦とか歩きたくないですなぁ。



反対側の公園からも入れるということなので、



つり橋も渡ってみましたが、



やはり深いです。気軽に水面まで下りられるのかと思っていましたが、難しそうですね。





同じカテゴリー(亀の井バス)の記事画像
別府駅西口で亀の井バスのレア路線を確認する
梶原再晴 田植え前
かいがけから岩水 棚田沿いを歩く
内成棚田かいがけ行きの車窓から
堺
椿から椿公民館前まで
同じカテゴリー(亀の井バス)の記事
 別府駅西口で亀の井バスのレア路線を確認する (2017-05-23 21:41)
 梶原再晴 田植え前 (2017-04-24 16:16)
 かいがけから岩水 棚田沿いを歩く (2017-04-21 21:32)
 内成棚田かいがけ行きの車窓から (2017-04-14 20:12)
  (2017-04-05 16:16)
 椿から椿公民館前まで (2017-04-03 16:16)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。