地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年04月05日


亀の井バス堺行き。



終点、行き止まり感はあまりなく。



この商店は、終点ぽいかも。



「堺」。



午前中に1本、夕方に1本。
ここから往復するには、午前中に出て、夕方便で戻ってこられます。



由布川渓谷の入口。



別府市街に行く方が上り坂で、



交差点から小野屋方向が、きつい下り坂。



脇にユーバスのバス停。



こちらも堺。



柚の木の朝は1便のみ。午後の帰りは2本。季節によって時間が違います。



堺は火曜と金曜。



バスは柚の木の車庫から回送してくるのか、付近に姿は見えず、出発間近になってから出現。



坂の上に別府市の境界。



こちら側は庄内町、



が合併して由布市です。






同じカテゴリー(亀の井バス)の記事画像
別府駅西口で亀の井バスのレア路線を確認する
梶原再晴 田植え前
かいがけから岩水 棚田沿いを歩く
内成棚田かいがけ行きの車窓から
渓谷入口 由布川渓谷
椿から椿公民館前まで
同じカテゴリー(亀の井バス)の記事
 別府駅西口で亀の井バスのレア路線を確認する (2017-05-23 21:41)
 梶原再晴 田植え前 (2017-04-24 16:16)
 かいがけから岩水 棚田沿いを歩く (2017-04-21 21:32)
 内成棚田かいがけ行きの車窓から (2017-04-14 20:12)
 渓谷入口 由布川渓谷 (2017-04-04 16:16)
 椿から椿公民館前まで (2017-04-03 16:16)

この記事へのコメント
その集落は私の実家です、長旅お疲れ様でした。
商店の右並びに昔郵便局だった建物と、くっ付くように家が並んでいるのが私の実家です。商店は父親の実家ですが、叔父が亡くなってから、店は閉めて空き家になってます。
この数軒の中に金融機(郵便局)、ガソリンスタンド、商店があり、なんでも揃うとても良い環境でしたよ。あと製材所もありましたね。
ちょっとした、お街でしたよ。
また心を休めに遊びに来てください。
Posted by Kein4533 at 2018年10月12日 08:08
終点バス停の近くには、機能的に店舗がいくつか集っていますね。
ガソリンスタンドがあるのは、ちょっと街の規模が大きめな印象です。

初めて伺ったときから閉まっている商店より、
当初は営業していたのに、再訪したら、という場所のほうが淋しくなります。
勝手な印象なんですけれど。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2018年10月24日 15:06
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。