地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年03月01日

長住六丁目


長住六丁目、のはずなんですが、行先表示にたくさん「長住六丁目」が記載されています。
このバス停に停まった後、ダイクスの裏の折返場に行きますので、
そこでも降りられるんですか?まさかねぇ。



長住三丁目の前は商店が並んで、そこそこのにぎわいですが、ここは閑散としてますね。



営業所の跡地にダイクスが建っているのは、飯倉と同じ。
そこからダイクスは西鉄系列だと推測が可能です。
飯倉の場合は西鉄ストアも建ってますけど、西鉄ストアは推測しなくても西鉄系列です。



松本池方面。柏原の交差点を通らずに桧原に行けるルートができたときは、
画期的だ!と驚きました。



ダイクスの横を免許試験場方向にいくと、裏にバス折返場があります。
トイレはないので、ダイクスのトイレに向かう運転手さんを見ることもあります。


同じカテゴリー(福岡橙)の記事画像
『Y氏は暇人』からお越しくださった方へ
九州がんセンターを順光で
神学校前 名残桜2017
長住四丁目を淡々と
外環2運行開始と初乗車
油山牧場も~も~らんど 博多駅天神から「特快56」期間限定臨時バス運行開始
同じカテゴリー(福岡橙)の記事
 『Y氏は暇人』からお越しくださった方へ (2017-09-22 12:07)
 九州がんセンターを順光で (2017-05-30 18:53)
 神学校前 名残桜2017 (2017-05-26 16:16)
 長住四丁目を淡々と (2017-04-22 06:06)
 外環2運行開始と初乗車 (2017-04-15 06:06)
 油山牧場も~も~らんど 博多駅天神から「特快56」期間限定臨時バス運行開始 (2017-04-09 06:06)

Posted by ちょんびん at 00:02│Comments(5)福岡橙
この記事へのコメント
はじめまして。
西鉄バス博多自動車営業所のファンと申します。懐かしさの余りに書き込みいたします。
自分は、およそ21年前まで長住7丁目の官舎に住んでいました。ちょうどダイクス長住店の斜め向かいの官舎です。
当然ながら時の流れと共に景色も変わるものですね。
これからも、懐かしいブログ期待してます。
長々となりましたが、これからも書き込みいたしますので宜しくお願いいたします。
Posted by 西鉄バス博多自動車営業所のファン at 2009年03月01日 02:06
連続コメント失礼いたします。
ハンドルネームの通り、西鉄バス博多自動車営業所は、勿論のこと西鉄バスが好きです。
Posted by 西鉄バス博多自動車営業所のファン at 2009年03月01日 02:11
>西鉄バス博多自動車営業所のファンさん

はじめまして。
西鉄バスのファンでもありますが、
西鉄バスのある風景がとても好きなちょんびんです。

このブログを書き始めた当初は意識していなかったのですが、
その場所に以前住んでいた方にとって、
懐かしい風景が見られる記事になっているようで、嬉しい誤算です。

ほんとうに、時の流れとともに風景は変わっていくものですね。
それは祝福されるべきことなのですが、
たまに昔のことを懐かしむのもよいかも。
わたしが最初に長住六丁目を訪れたのは、32年前です。
その当時の風景写真などあれば、きっと面白いだろうと思います。
今撮っている写真も、20年後くらいに見ると、
また違った感慨を生じるものになるのではないでしょうか。

またコメントよろしくお願いします。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2009年03月03日 19:51
ダイクス長住店って、たまたまですが、
今日(2010/9/9)に「レガネット南長住店」として
新装オープンするらしいです。

どちらにしても、西鉄系ですが。
Posted by ひょっとこ at 2010年09月09日 15:45
長住がレガネットになったので、
ダイクスは飯倉だけになってしまったようですね。

私はホームセンターといえば、まずダイクスに行くので、
ほかで衰退していくのは意外な感覚もあります。
まぁ品揃えや印象でダイクスを選んでいるわけではなく、
ただ自宅や職場から一番行きやすいから行ってるだけと、
言えないこともないのですが。

南長住、もうすこし近ければ、開店セール行ってみたかったです。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2010年09月10日 23:12
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。