地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年04月09日

油山牧場も~も~らんど 博多駅天神から「特快56」期間限定臨時バス運行開始


乗ろうとするバスを先に撮影しようと欲張るの巻、慌てたせいでブレる。あるある。



新路線に群がる人たち、西鉄ダイヤ改正時期の風物詩。嘘です。

バスヲタメインのプチトリップオフに参加してくださった方々だからカメラを向けるのであって、
新路線だからといってそうそうバスに群がることはありません。



牛。



学びより食い気。



奥に見える福岡の市街地。



滞在時間、10分あまりでバス停に折り返し。



牧場よりバス駐車場が気になる病気。大人になっても治りませんでした。むしろ(ry



油山牧場、もーもーランド、も~も~らんど。
2回言うのは大事だからではなく、まっすぐの長音記号と波型の長音記号、
どっちで検索していただいてもヒットしやすくするため。一応相互変換は効いてますけどね。



もともと走っていたのは、福大正門前から登ってくる小さなバス。
市民の森方面に行きたい場合は、こっちを使うのがよいです。
当方のように、いちど天神に出るのが面倒な場合も、これが使えます。



ただ、大型がここ油山牧場まで登ってくるようになったのは、撮影面では魅力です。
今回も福博バスあるきは20名以上の参加があり、定員10数人のローザが走る油山牧場は、
行程に組み込めないよなぁ、と残念に思っていたのです。そこに新路線開設。



博多駅と、ここ油山牧場を結ぶ週末だけの定期便が走っています。
動物園前や天神博多から、油山牧場まで直通、魅力的です。

そして行先番号が特快56になっているのもポイントですね。
ふだんから「56」を使っている小笹や長尾あたりのユーザーが、
この特快の存在を知らなくても、バス停で待っていてこのバスが来れば、
走るルート自体はイメージできるわけで、「○○止まります?」と聞けば足ります。

うまいこと運用できれば、観光客メインの土日祝だけでなく、
桧原営業所始発で平日の運行もできるかもしれません。
道が片側1車線で、バスカットもないのが難点ですかね。追い抜き難しそう。



13時半過ぎに着いて、14時に折り返すダイヤなので、
同じ車両なのかと思っていましたが、回送で営業所に戻る運用のようです。
乗ってきたのと別のバスが来ました。



専用車両のようで、



こんな装飾が、



車内の、



いろんなところに。



花畑中学校美術部の生徒さんに飾りつけしていただきました。
関わった人は、一度は乗ると思うので、こういう親近感を高める触れ合いも大事だと思います。



次は、桧原営業所から能古渡船場へのバスに乗り換えます。
外環2、天神を中心として放射状に路線が延びる福岡では、異色の新路線です。






同じカテゴリー(福岡橙)の記事画像
長住四丁目を淡々と
外環2運行開始と初乗車
国立福岡病院 「66」乗り入れ開始
神田町 主に若久団地を注目して
若久団地第一 新設路線の起点
若久団地の先に新路線
同じカテゴリー(福岡橙)の記事
 長住四丁目を淡々と (2017-04-22 06:06)
 外環2運行開始と初乗車 (2017-04-15 06:06)
 国立福岡病院 「66」乗り入れ開始 (2017-04-07 00:02)
 神田町 主に若久団地を注目して (2017-03-31 06:06)
 若久団地第一 新設路線の起点 (2017-03-30 06:06)
 若久団地の先に新路線 (2017-03-29 10:13)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。