地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年05月02日

西牛隈 大隈駅前の桜


午後にちょっと挫折しますが、基本的には毎時1本くらい。
昼はバスが空くのではなく、ここが終点になります。



あと、嘉麻市のバスも。



乗らない時に限って、タイミングよく来ます。大力とか、熊ヶ畑とか。



旧上山田線 大隈駅跡。



当時のものだとするると、ずいぶん保存状態がよいです。大隈の駅名標。



そこかしこソメイヨシノ。



バス停は大隈駅跡ではなく、西牛隈。大隈の中心地からは遥かに離れて、
地方にありがちな、「鉄道は忌避されたので街の中心を避けた」逸話がここにも残ります。



嘉麻市バスは、バス停が探しやすくてよいです。
もともと山田市や嘉穂町など別々でしたので、
バス停の仕様もひとつではないですが、どれも目立ちます。



嘉穂総合高校の経由便が少なくて、乗車難易度高め。



桂川駅を複乗するので、大隈から福岡市に行くならこっちなんですかね。
それとも素直に飯塚まで出て、バスに乗り換える方が自然なのでしょうか。



1時間に1本のバスが、



ちょうど満開の桜の中で、



離合するという幸運ついでに、晴れてくれればさらに良かったのかも。
素人の写真は、ウデどうこうより、環境の良い日にどれだけ出かけられるかですなー。





同じカテゴリー(筑豊)の記事画像
宮若の谷
倉久春日神社循環
宮田の橋
磯光=水町間の狭隘路往復
水町バス停 国鉄宮田線廃止代替
コンビニから河川敷
同じカテゴリー(筑豊)の記事
 宮若の谷 (2017-06-26 16:16)
 倉久春日神社循環 (2017-06-25 16:16)
 宮田の橋 (2017-06-24 16:16)
 磯光=水町間の狭隘路往復 (2017-06-23 18:00)
 水町バス停 国鉄宮田線廃止代替 (2017-06-21 16:16)
 コンビニから河川敷 (2017-06-20 19:19)

Posted by ちょんびん at 06:06│Comments(0)筑豊
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。