地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年05月03日

砲台跡~御嶽山入口 宗像大島観光バス グランシマール


砲台跡からの戻り。この辺の道がもう少し広ければ、走るのはローザではないのかもしれません。



オルレの看板。



青い馬の向いている方に進みます。カンセ。



分岐点は茂みなのですが、遊歩道は歩きやすそうです。



バス通りは、走るのが大変そうです笑。



ここは、ローザくらいの小型でないと、走れませんね。
この日の第1便は、20人以上の人が乗ってましたので、
観光地として賑わってきた時に、どう増便対応するのかは課題だと思います。





同じカテゴリー(宗像)の記事画像
森林都市うろうろ
広陵台中央公園前
リサーチパーク西口
日赤看護大学
赤間営業所構内進入
東郷駅東口
同じカテゴリー(宗像)の記事
 森林都市うろうろ (2017-11-14 06:06)
 広陵台中央公園前 (2017-11-13 00:02)
 リサーチパーク西口 (2017-11-12 22:56)
 日赤看護大学 (2017-11-10 16:16)
 赤間営業所構内進入 (2017-06-27 16:16)
 東郷駅東口 (2017-06-05 18:47)

Posted by ちょんびん at 16:16│Comments(2)宗像
この記事へのコメント
こんばんわ。HNがひらがななのは、もうすぐ本土に移住するからですw

大島には社会人になったばかりの頃に研修で行きました。
島を挙げての大歓迎を受けたのを覚えています。

海もきれいで、何より魚が新鮮で魚嫌いなのにガツガツ食べることができていい思い出ばかりです。

もう17年位前になるんですな。時の流れの速さにビビリます。

グランシマール。かなり狭いところを走ってるんですね。
離合来たらどうするんでしょw
本土側の特急の不振を横目に、グランシマールは絶好調なんですね!

新たなバスのあり方として面白い試みだと思います。島民の方にも使える交通手段にもなってほしいです。

とはいえ、17年前には大島では原付(メットなし、キー挿しっぱなし)が大活躍しておりました。

世界遺産の登録でさらに宗像地区には観光客が増えるでしょうし、この地域特有の「暖かさ」や「良さ」がもっと伝わればいいなぁ。と感じる次第であります。←時々はちゃんとしたコメントやってますw
Posted by あしやとうみん at 2017年05月09日 20:48
グランシマール、狭いところを走っているのでローザですが、
ローザじゃなくてもいいくらいの乗客はいました。
ただし平日がどうなのか、という懸念はあります。

さらには、1日券700円を買ったとしても、
採算ラインが5万だとしたら、70人乗らないといけません。
3回乗車しないと1日券の元が取れないので、
3×70で最低でも210乗車あるとして、
6往復12便で割り振ると、平均17.5人!
常に満員で立席がある状態をキープする必要があります。

多くの人にとって使いでのあるものになればよいのですが。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2017年05月10日 15:19
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。