地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年05月04日

銭代坊の春2017 桜並木


高台の学校へ向かう道は、桜が満開。バスはオマケ。



こちらバス通り。



銭代坊。良くも悪くも雰囲気のある場所です。ちょっと香ばしい香りも含めて。



毎時2本、上山田まで行くものと、山野社宅までのものと、だいたい均等。



気を配れ親だけ知らぬ子の非行。



なぜここだけこの仕様なのかというバス停。



サイズ小さめ。



上山田方面は、普通です。






同じカテゴリー(筑豊)の記事画像
宮若の谷
倉久春日神社循環
宮田の橋
磯光=水町間の狭隘路往復
水町バス停 国鉄宮田線廃止代替
コンビニから河川敷
同じカテゴリー(筑豊)の記事
 宮若の谷 (2017-06-26 16:16)
 倉久春日神社循環 (2017-06-25 16:16)
 宮田の橋 (2017-06-24 16:16)
 磯光=水町間の狭隘路往復 (2017-06-23 18:00)
 水町バス停 国鉄宮田線廃止代替 (2017-06-21 16:16)
 コンビニから河川敷 (2017-06-20 19:19)

Posted by ちょんびん at 06:06│Comments(2)筑豊
この記事へのコメント
公衆電話の付属品のような扱いですね…バス停f(^_^;
Posted by 暇工作 at 2017年05月04日 13:03
地元の人が利便性を考えて、西鉄仕様を真似て作ったような体裁です。
スーパーの出入り口によく貼ってありますよねw
Posted by ちょんびんちょんびん at 2017年05月05日 09:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。