地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年05月11日

米一丸 主君一条殿の横恋慕


米一丸。もとは人名です。
最終的には、人間も生物である以上、男と女の感情から逃れられないのですよ。
自身の悲劇が1000年語り継がれるのは、嬉しいことなのでしょうか、米一丸にとって。



月見町から進んできて、ちょっと店があったり繁華街になった感じ。



ドラッグストアコスモスの壁面にバス停。



月見町坂本町大和町、米一丸、東新町、美しき三文字。ここだけ町なし。



天神・赤坂門方面。



異国の家族が、銭湯から出てきたところに、「71」のバスが来ました。大濠公園行き。



藤棚。



筥松緑地。

米一丸の供養塔は、他のサイトを検索してください。
当方、誰もやってくれないバス停風景の記録は入念ですが、地域風物の記録はぞんざいです。
もっと上手な方がたくさんおられると思うので。






同じカテゴリー(福岡茶)の記事画像
呑山観音寺 秋の紅葉
東新町 米山町
大和町 やまとちょうではなくやまとまち
坂本町から歩いて南下
月見町 時を止めて
松島一丁目の乗継需要
同じカテゴリー(福岡茶)の記事
 呑山観音寺 秋の紅葉 (2017-05-13 06:06)
 東新町 米山町 (2017-05-12 06:06)
 大和町 やまとちょうではなくやまとまち (2017-05-10 06:06)
 坂本町から歩いて南下 (2017-05-09 06:06)
 月見町 時を止めて (2017-05-08 20:11)
 松島一丁目の乗継需要 (2017-05-05 10:14)

Posted by ちょんびん at 06:06│Comments(0)福岡茶
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。