地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年05月15日

桜坂 本数の少ない方 もっと少ないのも


福岡は砂洲の街なので、市内で高低差の大きいバス路線はあまりないのですが、
ここ桜坂から小笹へのルートは丘を越えます。



今川西町公園前、というのは西鉄バス路線の歴史からすると、つい最近採用された場所ですが、
「20」「6-1」の独自区間は、他に経由するバス停もないので、大きくクローズアップされています。



桜坂バス停は、城南線を六本松方面に向かうものが大半ですが、
「57」だけは両方向とも別のバス停を使います。
どちらにせよ、この「57」だけが警固町方面に曲がるわけですから、
バス停が違ってもあまり支障はなさそう。

そこに、「57-1」用の朝だけバス停もありますので、けっこう複雑です。



でも「57」だけのバス停も、天神博多駅方面なのですよね。
ここから博多駅は、目指さない方がよいですよね。
もうひとつの桜坂まで移動するか、バスを南薬院あたりで乗り換えるか。




ちょっと特殊な、桜坂バス停でした。






同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事画像
御笠川
全体的に六本松
法務局前の日常
期待される六本松
蚕豆が見た六本松
黒門の車庫2017
同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事
 御笠川 (2017-07-26 21:26)
 全体的に六本松 (2017-07-19 19:05)
 法務局前の日常 (2017-07-18 22:16)
 期待される六本松 (2017-07-17 22:00)
 蚕豆が見た六本松 (2017-07-17 21:59)
 黒門の車庫2017 (2017-07-10 07:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。