地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年06月08日

呑山観音沿道


篠栗上町近く、JRの高架線下をくぐるバスは、篠栗と呑山観音寺間の臨時バスのみ。
月イチの運行です。



なかなかの山岳路線。夏場の新緑よりは、紅葉の方がアクセントがあります。
この写真がどういう場所から撮影されているのかは、考えちゃだめなやつです。

もしもワタクシがバス沿道で転落死をしておりましたら、
良いアングルを求めて調子に乗り過ぎたね、とご理解いただければ幸いです。
あとは、タンスの中の資料類を誰に引き継いでもらうかだけが関心事です。



冬枯れの道路。桜の季節は各処がピンクに染まります。



萩尾の集落付近。定期バスが走っててもよさそうな規模なんですけどね。




直行なので、付近を顧みることなく、バスは走り抜けていきます。






同じカテゴリー(福岡茶)の記事画像
みどりが丘団地入口 名子
津屋本町 多の津五丁目
福岡空港国際線ターミナル
呑山観音寺 秋の紅葉
東新町 米山町
米一丸 主君一条殿の横恋慕
同じカテゴリー(福岡茶)の記事
 みどりが丘団地入口 名子 (2017-06-21 06:06)
 津屋本町 多の津五丁目 (2017-06-10 06:06)
 福岡空港国際線ターミナル (2017-06-04 06:06)
 呑山観音寺 秋の紅葉 (2017-05-13 06:06)
 東新町 米山町 (2017-05-12 06:06)
 米一丸 主君一条殿の横恋慕 (2017-05-11 06:06)

Posted by ちょんびん at 06:06│Comments(0)福岡茶
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。