地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年06月16日

木屋瀬宿


木屋瀬宿をまずバスで通り抜けて、当時の雰囲気を味わいます。それからバスを降りて、



川沿いを回送するバスを見送りまして、



木屋瀬宿の好きな場所で、思い思いにカメラを構えます。
バスを降りたところまで徒歩で戻らないといけないので、面倒くさがりは宿場町の出口付近で。



バスと正対。



今回、この木屋瀬宿では、同じ区間をバスが2周するという暴挙(笑)が設定されました。
旧宿場町のポイントは、狭い道幅とクランクと、昔の雰囲気を残す建物だと思いますので、
2回目はすこし1回目より奥に進んで、鯉のぼりの近くで。
当方非常に悪目立ちする体格のため、これより後ろで撮影している人に気をつかいつつ。



最初の乗車通過から数えると、同じ区間を3回進んでいるわけです。運転士さんお疲れさまです。



八幡営業所3113、初回に続いて、八幡営業所の58MCにお世話になりました。






同じカテゴリー(北九州)の記事画像
黒崎のバス
築地町(ちくちまち/つきじまち)
砂津1804
北九州の58MC
東門司一丁目
折尾駅の変化
同じカテゴリー(北九州)の記事
 黒崎のバス (2018-06-19 17:17)
 築地町(ちくちまち/つきじまち) (2018-05-24 07:07)
 砂津1804 (2018-05-23 07:07)
 北九州の58MC (2018-05-22 07:07)
 東門司一丁目 (2018-05-21 21:28)
 西鉄バス北九州エリア完乗への障壁 (2018-04-20 16:21)

Posted by ちょんびん at 16:16│Comments(0)北九州
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。