地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年06月21日

水町バス停 国鉄宮田線廃止代替


路線バスを除くと書いてあることが、路線バスが走っていた証左なのです。



今も地域のバスで使われる待機場に、ちょっとだけお邪魔する貸切バス。



宮若市乗合バスの「水町」。

勝野から筑前宮田までの鉄路が廃止になり、代替バスが設定された際に、
勝野→磯光→筑前宮田という経路が設定できなかったのです、道路網形状の都合で。

そのため、勝野→宮田の途中から分岐する形で磯光方面を別系統とし、
その終点が先の水町にできた、という流れ。



代替バス自体は短命だったのですけれども、今も宮若市役所まではバスで行けます。



宮田のターミナルを発着して、水町の付近は循環線運用です。



午前中に街に出て、午後に戻るのが郊外からの基本。



ゆったりとバスが停まれる空間。



このあとバスは狭隘路を走って、その姿を撮影する時間が設けられるため、待機場から徒歩離脱。



バスが旧宮田線代替区間の水町線を走る姿は、明日の掲載にて。






同じカテゴリー(筑豊)の記事画像
宮若の谷
倉久春日神社循環
宮田の橋
磯光=水町間の狭隘路往復
コンビニから河川敷
内ヶ磯
同じカテゴリー(筑豊)の記事
 宮若の谷 (2017-06-26 16:16)
 倉久春日神社循環 (2017-06-25 16:16)
 宮田の橋 (2017-06-24 16:16)
 磯光=水町間の狭隘路往復 (2017-06-23 18:00)
 コンビニから河川敷 (2017-06-20 19:19)
 内ヶ磯 (2017-06-19 16:16)

Posted by ちょんびん at 16:16│Comments(0)筑豊
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。