地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年09月21日

豊津支所


伊良原ダムを再訪。おこぼう庵に届け物をするのが主目的でしたが、荒戸橋が消えたと聞いて、



いちおう、自分の目で確認を。

この時に買った伊良原の新米をいま食べておりますが、それはそれは美味いですよ、ほんとに。



そして、ほぼ初めての太陽交通乗りバスのため移動。



郊外向けバス停。



豊津支所。犀川駅や帆柱に行くこともなく、木井馬場が終点。しかもこの本数。



行橋方面の乗り場は、まだバスが大事な交通手段だった時代の風格があります。
まあここは平成筑豊鉄道の駅と役場や高校が離れているので、
いまだにバス需要はそこそこあるんでしょうけど、昭和の隆盛に想いを馳せると、
もう比較するのも心が萎える程度でしかないわけです。



さらには私が伺うのは大体において日祝日でありますので、
通学生の姿が見えない状態では、いっそう閑散とした空気だけが感じられるのです。



それでもこうやって、毎時バスが出発していきます。経由的にも行橋まで2系統。



あんまり都会に向かってそうでもないですかね。



豊津町役場、今はみやこ町役場の豊津支所。



バスは日祝日の利用者数からすると過剰供給のちゃんとした車両が来ます。
平日は高校生がたくさん乗るんでしょうね。これで木井馬場に向かいます。






同じカテゴリー(太陽交通)の記事画像
ゆめタウン行橋
行橋駅東口
木井馬場
豊津支所
「蓑島」京築ローカル行先番号「1」の終点
「中川」太陽交通稗田線随一の狭隘
同じカテゴリー(太陽交通)の記事
 ゆめタウン行橋 (2017-09-24 06:06)
 行橋駅東口 (2017-09-23 06:06)
 木井馬場 (2017-09-22 06:06)
 豊津支所 (2017-03-20 06:06)
 「蓑島」京築ローカル行先番号「1」の終点 (2017-03-17 11:11)
 「中川」太陽交通稗田線随一の狭隘 (2017-03-16 20:20)

Posted by ちょんびん at 19:19│Comments(0)太陽交通
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。