地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年11月02日

安善町と安善町二丁目


安善駅前から続く貨物船からさらに引込線が道路をクロスしてこちらへ。



その先はフェンスに阻まれていますが、錆びの具合からは頻繁に列車が走っている感じ。



軍用犬が巡回していることを敢えて提示するのは、侵入しようとする人がいるんですかね。



どんなところかもわからずに乗ってきたバスの終点。
面白そうなところだよなという予感はあるのですけれど。



安善町。次のバス停を表示するスペースがあるので、ちゃんと終点を主張しています。



バス、見えますか。構内に入って転回して待機。



そして戻ります。この姿が撮りたくて、バスを1本見送り。



乗るんじゃないのかい?と心配してくださるように、バス停で待機されておられましたが、
すみません、この後姿も撮っておきたかったのです。恐らくもう二度と来る機会もないでしょうから。



始発の安善町。もともと陸地ですらなかった場所なので、地名は全部安善絡み。



鶴見駅まで。



1時間2本。



安善町始発の向かい側にもバス停がありまして、



こちらは片側だけの安善町2丁目。
西鉄の場合、丁目の前の数字は漢数字表記ですが、ここは算用数字。
横浜市営バス全体の統一ルールがあるかどうかは、今のところ検証する必要もありません。



踏切はないのですが、停止線はあります。




ということでここで小一時間を過ごして、バスで同じ経路を戻ります。






同じカテゴリー(その他)の記事画像
小杉窯:和多田用尺と和多田駅
筑肥線にあそぼーい:前原⇒唐津車内
萩尾分校前
熊本での西鉄併走
志賀島フェリー散策点景
サングリーン梅光園健康さわやかロード梅光園緑道
同じカテゴリー(その他)の記事
 小杉窯:和多田用尺と和多田駅 (2018-07-03 16:16)
 筑肥線にあそぼーい:前原⇒唐津車内 (2018-06-28 07:07)
 萩尾分校前 (2018-06-12 17:17)
 熊本での西鉄併走 (2018-05-02 07:07)
 志賀島フェリー散策点景 (2018-04-23 19:00)
 サングリーン梅光園健康さわやかロード梅光園緑道 (2017-12-07 19:19)

Posted by ちょんびん at 06:06│Comments(0)その他
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。