地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年11月27日

花畑


季節外れのセミなのではなく、掲載時期が遅れているのです。



鳥居。



などなど見つつ歩いて北上、花畑駅。



頻繁にやってこないのに、来るときは集うバス。



ですよ。



スマートループも。



久留米市街地へ。



そういうタイミングで電車も来ればいいのに、という不満を表現してるわけではありません。



影の薄いバス停。



記載も薄いバス停。



ロータリー内に入る必要はないとみなされております。



これがロータリー。



花畑、隣にクラウチではなく鞍打



久留米方面と郊外方面と共用で、



いろいろな場所に行けまして、



時刻表は分けてあるので、まあ親切なほうでしょう。



「51」に独自区間があれば、もっと注目できるでしょうか。
南町まで行って野伏間から戻ってくる経路はオリジナルなのですが、
「55」から「50」を経て「6」へと他番号でも乗れる区間を繋ぐ形式になっています。






同じカテゴリー(久留米)の記事画像
西鉄バス廃止路線完全復活祭#6山鹿ローカル編撮影地一覧
八女営業所の正月
八女9429復刻ラッピングと日章旗
久留米の正月2019
船小屋と羽犬塚
春の久留米、そしてエマックス
同じカテゴリー(久留米)の記事
 西鉄バス廃止路線完全復活祭#6山鹿ローカル編撮影地一覧 (2019-04-12 19:19)
 八女営業所の正月 (2019-02-01 17:17)
 八女9429復刻ラッピングと日章旗 (2019-01-29 17:17)
 久留米の正月2019 (2019-01-28 17:17)
 船小屋と羽犬塚 (2019-01-26 17:17)
 春の久留米、そしてエマックス (2018-07-22 19:19)

Posted by ちょんびん at 16:16│Comments(0)久留米
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。