地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年12月03日

愛宕一丁目都市高速下じゃないほう


バス停の後ろに空き地ができまして、人だけしか通れない小さな路地が丸見えに。



道路側から見たほうがお分かりいただけるでしょうか。
左側の空き地に建物が建っていた時は、この真ん中の部分だけが、
こちら側の路地とバス通りを繋ぐ狭い通り道だったのです。私の萌えポイントのひとつです。



もと筑肥線の線路跡。



ここの直線ぶりは、線路よりは新街道の雰囲気です。。
線路を感じさせるのは、この先の緩やかなカーブのほうでしょう。



愛宕一丁目です。



天神に行くにあたって、ここは都市高速に乗った方が便利ですよね。
でも通勤時間帯は手厚くないのです。



姪浜駅を経由するものがここを通りますので、
通勤時間帯は郊外から直接にアクセスしてしまい、ここを通るものが減ります。

姪浜駅を通らないものが「505」「506」であり、その系統で姪浜を経由するのが「525」「526」、
つまり10の位の2なのが姪浜経由の区分なのですが、「507」も姪浜駅経由です。



この路線図、よくできているのですが、正確だからといって見る気になるかというと微妙。



線路跡を辿りますので、次は室見五丁目です。






同じカテゴリー(福岡青)の記事画像
龍の宮で完乗
渡船場前(龍の宮方面)
渡船場前(能古島アイランドパーク方面)
飯倉二丁目で「3」の枝番を心に刻む
大坪の文脈
星の原団地始発の「3-2」
同じカテゴリー(福岡青)の記事
 龍の宮で完乗 (2018-07-23 21:11)
 渡船場前(龍の宮方面) (2018-07-15 07:07)
 渡船場前(能古島アイランドパーク方面) (2018-07-14 11:11)
 飯倉二丁目で「3」の枝番を心に刻む (2018-07-13 07:07)
 大坪の文脈 (2018-07-06 07:06)
 星の原団地始発の「3-2」 (2018-07-05 17:17)

Posted by ちょんびん at 20:21│Comments(2)福岡青
この記事へのコメント
こんにちは。まさにこの場所付近に昔、住んでいました。住んでいた家の跡地は現在都市高速の柱です…。
自分が小学生のころまでは旧筑肥線の築堤とガーター橋がブログの萌えポイントのところにまだ残っていました。
離れた今もここは良く通るのですが、何度通ってもこの場所の変化には驚かされます。
Posted by コーポあたごはま at 2017年12月06日 13:15
地元でしたか。

道路にすると決定するまで時間がかかったのか、
築堤が残ったままの期間、長かったですよね。

とはいえ地下鉄の開業も切れ切れだった記憶なのですが、
いまあらためて調べると短期間のうちに順次できていて、
現在と当時では時間の感覚に大きな隔たりがあるように感じます。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2017年12月12日 23:12
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。