地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2018年01月10日

南関交差点と南関迎町


道路看板と馬さしの看板あたりに熊本県感を演出したいのですが、いかがでしょうか。



逆光の「25」南関は、仲間バス停あたり。ここも廃止区間です。



南関交差点脇のバス停、



南関迎町。



まだ交通センターまで直行できる素晴らしさ。



正月特別ダイヤでは、大幅に減らされてますけどね。運転士さんも休まないと。



交差点の先にも西鉄のバス停。



南関交差点。



大牟田までこちらは残ります。



向かい側は西鉄と産交の並立。



南関ターミナルへ向かう産交のバス停は、交差点の手前に。



そして馬さしに並ぶ人たち。大晦日の風物詩なのでしょうか、初めて来た私はその人数に面喰いました。



大牟田交通時代の名残が、昨年末にひとつ消えました。






同じカテゴリー(大牟田)の記事画像
大牟田駅で「25」南関を惜しむ
落合(大牟田)
小原下
南関で「25」を惜しむ
草村廃止
ゆめタウン大牟田2017
同じカテゴリー(大牟田)の記事
 大牟田駅で「25」南関を惜しむ (2018-01-13 06:06)
 落合(大牟田) (2018-01-12 06:06)
 小原下 (2018-01-11 06:06)
 南関で「25」を惜しむ (2018-01-08 06:06)
 草村廃止 (2018-01-07 06:06)
 ゆめタウン大牟田2017 (2018-01-06 06:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。