地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2018年01月19日

筑後三川石井酒店前


床島へ向けて隘路を走るバス。実際の路線も、こうやって走っていたのかなあと想いを馳せるのが、
この廃止路線復活祭の醍醐味となっております。



堤防の上から。時間が限られているので、どこが撮影ポイントとして最適か悩むのです。
まあ時間を十分に与えられたからといって、うまくいものでもないのでしょうが。



畳店の広告。



つり具店。



そして酒屋。集落の中心という雰囲気。



川を渡るカーブに、



こうやってバスが走るわけです。



大金持ちになったら、バスを借り切って好きなところを走らせたいという妄想は、
大金持ちになることなく好事家が集まるだけで現実のものとなりましたが、
さらに大金持ちになったならば、1日限りではなく、定期路線を走らせたいと夢見ておきましょうか。






同じカテゴリー(鳥栖)の記事画像
東橋と市民の森
鳥栖河内週末の日常
鳥栖元町
西鉄鳥栖建て替え
目達原桜開放
神埼駅通り
同じカテゴリー(鳥栖)の記事
 東橋と市民の森 (2018-06-05 17:17)
 鳥栖河内週末の日常 (2018-06-04 17:17)
 鳥栖元町 (2018-05-25 07:07)
 西鉄鳥栖建て替え (2018-05-06 07:07)
 目達原桜開放 (2018-05-05 07:07)
 神埼駅通り (2018-05-04 07:07)

Posted by ちょんびん at 06:06│Comments(0)鳥栖
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。