地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年03月10日

町川原


糟屋から続く道沿いに、ぽつんと立つ町川原のバス停です。
道路は広くなっていますが、バスの利用者が多そうな立地では決してありません。
というより、車の通行が活発になればなるほど、郊外のバス路線は寂れていきます。



古賀側のバス停奥には、志賀島金印ドッグの店舗が。
海ノ中道の橋架け替えによって、車両店舗が大岳の方へ移動したのは知っていましたが、
こんなところに店をつくったのは、その後どういう経緯があったのでしょうか。



そういえば古賀も以前は糟屋郡でしたね。すっかり古賀市がわたしの頭の中で定着しました。
古賀を走っているバスが、「西鉄バス宗像」の管轄なのも影響していると思います。
なので、ここに「糟屋警察署」の交番があることに違和感を覚えてしまいます。

わたしは福岡市民なので、古賀、久山、糟屋、宇美とそれぞれ、
天神や博多から放射線状にイメージしてしまいますが、
県道35号線を軸にして南北に連携しているんですね、と再認識。



交番脇の道を入ると、青柳四ツ角の始発バス停にたどり着きます。


同じカテゴリー(宗像)の記事画像
東郷駅東口
大島ターミナルとグランシマール時刻表
波津海水浴場前
原 憩いの家前
西町口 鐘崎漁港
北町口 わずかに見える海
同じカテゴリー(宗像)の記事
 東郷駅東口 (2017-06-05 18:47)
 大島ターミナルとグランシマール時刻表 (2017-06-02 18:28)
 波津海水浴場前 (2017-05-21 16:16)
 原 憩いの家前 (2017-05-20 16:16)
 西町口 鐘崎漁港 (2017-05-16 16:16)
 北町口 わずかに見える海 (2017-05-15 16:16)

Posted by ちょんびん at 00:03│Comments(4)宗像
この記事へのコメント
わたしはちょんびんのブログを読んで地理を学んでるよ。

多少コメントしづらいけど(笑)
Posted by Acco at 2009年03月10日 21:08
コメントは、しづらかろう、確かに。

何らかの意見を述べているわけではなく、
「バス停訪問」しているだけだからな(笑)

地理を学べても、かなり行動圏に偏りがあるので、
あまり役には立つまい。あしからず。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2009年03月11日 20:22
こんばんは。
上のコメント繋がりで。
自分は、西鉄バスで旅している気分で、拝見させて頂いております。
福岡市内のバスは、懐かしく思い、その周辺の都市のバスや風景を見ると癒やされるし、こういう風景の中バスが走っているんだぁ~。っと思ったりもします。
Posted by 西鉄バス博多自動車営業所のファン at 2009年03月11日 23:14
風景を楽しんでいただけて幸いです。

西鉄バスファンの方は、車両のファンの方も多いので、
「愛宕浜営業所の9002が○○線を走ってました!」
なーんてことが全くわからない、書けない私のブログは、
物足りない方も多いはず。

これからも、バス停訪問記が殆どになると思いますが、
よろしくお願いいたします。m(_ _)m
Posted by ちょんびんちょんびん at 2009年03月12日 20:52
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。