地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年03月12日

米多比


「131」の古賀駅方面が停車する米多比のバス停には、青柳線専用の文字があります。
場所はAコープの前、こものからやってくると左折してすぐになります。



筵内線専用の米多比バス停は、左折する手前、消防団の車庫の前です。
このようにバス停が分かれているのは、
以前は熊鶴側から来て薬王寺方向へ右折する路線があったからではないかと、
勝手に推測しています。

現在は筵内経由が1日に3往復しかありませんが、
それでも基本的な需要は古賀駅前周辺への客でしょうから、
経由地関係なく同じバス停から乗れるほうが便利だろうと思います。



熊鶴→鷺白→筵内とつづく「132」路線は、とても狭い旧道を縫って走ります。
バス停の名前はとても味があっていいですね。



こもの行きバス停はきれいな歯科の前です。
「こもの」周辺は住宅地化していますが、商店などはあまりなく、
繁華街としてはこの米多比が中心部だと思います。


同じカテゴリー(宗像)の記事画像
赤間営業所構内進入
東郷駅東口
大島ターミナルとグランシマール時刻表
波津海水浴場前
原 憩いの家前
西町口 鐘崎漁港
同じカテゴリー(宗像)の記事
 赤間営業所構内進入 (2017-06-27 16:16)
 東郷駅東口 (2017-06-05 18:47)
 大島ターミナルとグランシマール時刻表 (2017-06-02 18:28)
 波津海水浴場前 (2017-05-21 16:16)
 原 憩いの家前 (2017-05-20 16:16)
 西町口 鐘崎漁港 (2017-05-16 16:16)

Posted by ちょんびん at 00:03│Comments(0)宗像
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。