地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2018年05月03日

祭りのあと


西鉄車両の路面電車と赤バスの並走を熊本で見る贅沢。
両方とも貸切で、タイミングを合わせながら走ってくださった中、
ちょうど車両全体が見えるタイミングにシャッターを押せた幸運。

http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e2041715.html



もう思い残すこともないので、路面電車で集合場所に向かいます。



乗る車両も戻ってきて、



路面電車も回送で上熊本の車庫に戻ります。乗せてもらえればさらに良かったですかね。



上熊本駅で、都市バスと並ぶ西鉄の赤バス。不思議な光景です。



大牟田に戻って、運転士さんと記念撮影。ありがとうございました。

以上をもちまして、2018年4月15日、
「西鉄バス廃止路線完全復活祭#6山鹿ローカルと言いつつ本当のメインは西鉄路面電車との並走」
の記事を終了させていただきます。お読みくださった皆さま、ありがとうございました。





同じカテゴリー(久留米)の記事画像
熊本城二の丸駐車場に西鉄路線バス
山鹿バスセンター脇
岩野荒平過去の記憶
岳間荒平集落での歓待
荒平巡回
西鉄バス廃止路線完全復活祭#6山鹿ローカルイントロ
同じカテゴリー(久留米)の記事
 熊本城二の丸駐車場に西鉄路線バス (2018-05-01 06:06)
 山鹿バスセンター脇 (2018-04-30 06:06)
 岩野荒平過去の記憶 (2018-04-29 17:17)
 岳間荒平集落での歓待 (2018-04-28 06:06)
 荒平巡回 (2018-04-27 06:06)
 西鉄バス廃止路線完全復活祭#6山鹿ローカルイントロ (2018-04-26 06:06)

この記事へのコメント
   「廃止路線完全復活祭」お疲れ様です。興味深く記事を拝見させて頂きました。
   西鉄の赤バスが産交バスのキャラクター産太くんのヘッドマーク(?)をつけて走っているシーンや熊本の市街地を産交バスと並んで走っているシーンを実際に見てみたかったです。(笑)
   私も以前、西鉄久留米駅から熊本交通センターまで
  久留米(西鉄バス)八女営業所(堀川バス)道の駅鹿北(産交バス)山鹿(産交バス)熊本交通センター
  と乗り継いで行ったことがあります。驚いたのは途中、山中あたりまで西鉄バス仕様のバス停のポールが残っていたこと、山鹿バスターミナルの運行系統の多さでした。山鹿地区は鉄道が走ってないからかなりの需要があるのだと思います。
  私も仕事の都合がつけば「廃止路線完全復活祭」に参加させて頂きたいと思っております。
Posted by 新宮緑ヶ浜行き深夜バス at 2018年05月13日 20:48
山鹿=熊本市の幹線は、まだそれなりに元気なんでしょうね。
ローカルはどうなんでしょう。

復活祭は、参加希望の方がけっこうおられて、
どう横展開して参加可能人数を増やしていくか課題です。

同じ内容を二度やると感動が薄れるのですが、
二台運行での運営も難しいですし。
Posted by ちょんびん at 2018年05月21日 20:39
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。