地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2018年06月29日

筑肥線にあそぼーい:唐津駅


唐津駅に到着、305系との並び。うん筑肥線っぽい。



唐ワンくんをいつまでも、「彦にゃんみたいなやつ」と呼ぶ失礼な当方。



次の用事のため、隣のホームに移動。



前景。4両。



唐津にいますよ、というわかりやすさ重視。



前原行き103系の車内から。

楽しかったです。






同じカテゴリー()の記事画像
小杉窯:和多田用尺と和多田駅
筑肥線にあそぼーい:前原⇒唐津車内
筑肥線にあそぼーい:筑前前原駅
若松駅にて
久留米大学前駅前
筑紫駅
同じカテゴリー()の記事
 小杉窯:和多田用尺と和多田駅 (2018-07-03 16:16)
 筑肥線にあそぼーい:前原⇒唐津車内 (2018-06-28 07:07)
 筑肥線にあそぼーい:筑前前原駅 (2018-06-27 20:50)
 若松駅にて (2018-02-22 12:42)
 久留米大学前駅前 (2018-01-02 06:06)
 筑紫駅 (2017-12-07 06:06)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(3)
この記事へのコメント
   「あそぼーい」の旅お疲れ様です。
   筑肥線の電化区間(姪浜―唐津)を気動車が走るのは、昭和58年の電化開業以後、初めてではないでしょうか?また愛称つきの優等列車が走るのは昭和63年に急行「平戸」が廃止されて以後、初めてではないでしょうか?   私も「あそぼーい」は2回ほど乗車したことがあります。1回目は熊本震災前で熊本ー宮地間、2回目は震災直後で博多―門司港間「あそぼーい92号」です。女性客室乗務員さんのhospitalityあふれる車内サービス、そして遊び心あふれた車内(さすが水戸岡鋭ニさん!)が印象的でした。            2週間後 7月14日  に久大本線が全線復旧して「ゆふいんの森」が久々に本来の運転区間である博多ー久留米ー由布院に戻ってきますが、豊肥本線も肥後大津ー阿蘇間が1日も早く復旧して「あそぼーい」が本来の運転区間熊本ー宮地間に戻ってくることを期待しています。               バスに関するブログなのに、鉄道の話題になってしまって申し訳ございません。
Posted by 新宮緑ヶ浜行き深夜バス at 2018年06月30日 12:08
あそぼーい、私は二度目でした。
今回は運行時間も短く、客室乗務員さんと触れる機会もなかったですが、
社内設備だけでも楽しめましたね。くろえもんかわいいですし。

バスブログのはずですが、私が率先して鉄道話題にしていますので、
どうぞ存分に乗っかってください。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2018年07月03日 09:02
コメントありがとうございます。
  「水戸岡鋭ニさん」と書きましたが、正しくは「水戸岡鋭治さん」です。
  人名を間違ってしまって誠に申し訳ございません。
   
Posted by 新宮緑ヶ浜行き深夜バス at 2018年07月16日 08:52
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。