地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2018年07月03日

小杉窯:和多田用尺と和多田駅


小杉窯、お友だち。



唐津焼。



いらっしゃいませ。



展示工房。



魚を象ったものとか、



海の生きものとか、



ただの置物ではなく、蓋物も洒落た造型。



このへんが当方のいちばんのツボ。でも壺ではなく皿。



最寄り、昭和バス用尺南。



大手口と循環に、座川内経由の青翔。



反対側、



からつ号が停まりますので、本数は圧倒的にそれ。



人が多い時もあるのでしょう。朝の通勤時間帯ですかね。



イオン号。



高架下に、



和多田駅。



唐津と東唐津の間。



東唐津川には鏡山。



そして唐津方面。






同じカテゴリー(昭和バス)の記事画像
糸島市役所
雷山入口
産業団地前
岩野
昭和バス呼子ローカル線改編
西唐津駅前
同じカテゴリー(昭和バス)の記事
 昭和バスの期間限定新設路線を少し (2018-07-07 23:58)
 糸島市役所 (2017-12-12 22:22)
 雷山入口 (2017-07-23 12:50)
 産業団地前 (2017-02-17 16:16)
 岩野 (2016-12-27 01:19)
 昭和バス呼子ローカル線改編 (2016-12-17 21:31)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。