地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2018年07月13日

飯倉二丁目で「3」の枝番を心に刻む


夜明け前、出勤前に飯倉二丁目。バス停を眺めて、



消えてゆく枝番を記録します。
西公園から明治通りへの右折侵入回避のため、昭和通に朝だけ迂回していたのが「3-2」ですが、
西新明治通り経由って誤記したら「3」と差別化されないですね。



地下鉄もあるし、通勤時間帯だけ別ルートの需要が少なくなったんでしょうか。
脇山口交差点の右折が、昔に比べて大きく改善されたのも関係していると思います。



200番もすっかり快速が主体になりました。すこしずつ改善がおこなわれているのです。
私はあまり推移を意識できないので、ただ恩恵を享受するだけ。



路線図。いつか経路も忘れてしまう時に向けて。こうやって記録したことを先に忘れますが。



ここに何が記されていたのかも、ふだんは真剣に見ないわけです。



ダイヤ改正のお知らせを記録して終わります。






同じカテゴリー(福岡青)の記事画像
渡船場前(龍の宮方面)
渡船場前(能古島アイランドパーク方面)
大坪の文脈
星の原団地始発の「3-2」
内野ニュータウン経由運行開始日の早良営業所
早良営業所前
同じカテゴリー(福岡青)の記事
 渡船場前(龍の宮方面) (2018-07-15 07:07)
 渡船場前(能古島アイランドパーク方面) (2018-07-14 11:11)
 大坪の文脈 (2018-07-06 07:06)
 星の原団地始発の「3-2」 (2018-07-05 17:17)
 内野ニュータウン経由運行開始日の早良営業所 (2018-06-24 17:17)
 早良営業所前 (2018-06-23 17:17)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。