地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2018年09月30日

大手町一丁目


八代といえば煙突、でも九州で煙突と言えば、当方の感覚では延岡が一番印象的かなーと。



バス停が2本ずつ。



どちらも産交バス。片方は河童。



市役所と、ゆめタウンと、ほんのちょっと文政。



と、市役所を拠点として集約してみたものの、期待通りの効果が出なかったのか改正。



ゆめタウンのようなショッピングモールを中心に巡回するのは、わかりやすいんでしょうけど。



比較的単純な循環。
これに利便性を考えて系統を増やしたり新八代に寄ったりすると、
大体の場合は複雑さだけが前面に出てコケますよね。
博多~キャナル~天神、時に愚直さが価値に。



ろうきん。

9月は最後まで昨年の産交で引っ張り続けましたね。西鉄に戻るのはいつの日やら。






同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
高森峠
高尾野
赤羽根
祭場
草部北部農協前
今村
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 高森峠 (2019-01-28 07:07)
 高尾野 (2019-01-22 17:17)
 赤羽根 (2019-01-21 17:17)
 祭場 (2019-01-20 17:17)
 草部北部農協前 (2019-01-19 17:17)
 今村 (2019-01-18 17:17)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。