地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年03月17日

羽根戸道


2009年3月23日のダイヤ改正で、「羽根戸道」が「田村七丁目」に改称されることになったので、
会社の昼休みに撮影に行ってきました
昔、「2」の羽根戸行きは次郎丸・三軒屋を経由して、ここから羽根戸に向かって分岐していました。
当時から西高下(今の講倫館高校前)、三軒屋、福岡歯科大前、羽根戸、西山などは本数が少なく、
出会うとラッキーで幸せな気持ちになれました。



現在、このバス停から行けるのは、四箇田団地と金武営業所のみ。
羽根戸経由は、手前の「田」交差点から西に延びる新道を通って、
羽根戸道の南、「貞島」交差点で合流しますが、四箇田団地方向に行きます。
そのため、田村三丁目・三軒屋・そして羽根戸道だけが、直通で羽根戸に行けないという、
名前に偽りありのバス停になってしまっていました。

とはいえ、わざわざ改称して無味乾燥な名前にする必要は感じられません。
羽根戸「口」ではなく「道」なので、羽根戸に近いと思って来てみたらぜんぜん違う場所だったとか、
逆に羽根戸道に行きたくて「羽根戸経由」に乗ったら、羽根戸道を通らないのがややこしいとか、
そんなクレームが寄せられたのが理由なのかもしれませんけどね。



もともとの羽根戸道は、バス停の南側、SUZUKIの看板のところです。


同じカテゴリー(福岡青)の記事画像
渡船場前(龍の宮方面)
渡船場前(能古島アイランドパーク方面)
飯倉二丁目で「3」の枝番を心に刻む
大坪の文脈
星の原団地始発の「3-2」
内野ニュータウン経由運行開始日の早良営業所
同じカテゴリー(福岡青)の記事
 渡船場前(龍の宮方面) (2018-07-15 07:07)
 渡船場前(能古島アイランドパーク方面) (2018-07-14 11:11)
 飯倉二丁目で「3」の枝番を心に刻む (2018-07-13 07:07)
 大坪の文脈 (2018-07-06 07:06)
 星の原団地始発の「3-2」 (2018-07-05 17:17)
 内野ニュータウン経由運行開始日の早良営業所 (2018-06-24 17:17)

Posted by ちょんびん at 20:12│Comments(0)福岡青
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。